『菊と刀』を読んで

このエントリーをはてなブックマークに追加
●アメリカ

① 倫理観

・絶対的倫理基準

・罪の文化:自身の良心を咎めることによって、行動が制約される。ゆえに、罪の意識によって人間はよりよく生きることができる。罪は他人に見られていなくても悩むものである。ただし、告白することでその悩みは解消され得る。

②宗教

・キリスト教::絶対的な倫理規範を与えてくれる

・「理性的な自己」によって自分自身を律する(自己の二元性を尊重)

③主義

・平等主義:個人のネゴシエーション能力を前提条件としている。

・物質主義:物質的に、合理性を追求する。

●日本

① 倫理観

・相対的倫理基準

・恥の文化:他人からの判断によって、行動が制約される。他人に見られていない限りは、恥を書くことないが、一度恥をかいてしまうと、取り返しがつかない。

② 宗教

・禅宗

・性善説的

・自制:「無我の境地」へ達するための鍛錬

・目的:」「自己観察」の制約(=恥)から自由になる、つまり二元性を一元的にする」
e.g)死んだつもりになって生きる(出家etc)→俗世間にとらわれ(=恥によって行動を制約され)ないようにすつためには、恥の意識をもたらす「観察する自己」を、本来の自己と一元化することにより消すことができる。

③主義

・階層制:それぞれに「応分の場」を与えられ、その階級における行動規範を果たすことが秩序をたもつことにつながる。(=状況に応じた行動規範)

・精神主義:精神的鍛練は物質を凌ぐ

---------------------------------------------------------------------------------

①戦後、日本にはアメリカの平等主義や個人主義思想が流入し、かなり浸透してきている。グローバリゼーションによって新自由主義的な、自己責任論が流入してきている。これは、当のアメリカならこの制度で機能するかもしれないが、独自の文化体系を持つ日本社会においてこれがうまく機能しているかどうかがかなり怪しい。著者は日本人は、競争を嫌う。事実、競争をすることでテストの成績がそうしない場合よりも低下すると述べていた。文化統合の過程で、日本の経済的パフォーマンスが、アメリカ文化と日本文化の軋轢の間で低下してしまっているとは言えないだろうか。例えば終身雇用制を、実力主義にかえたところ、パフォーマンスが低下したという問題。階級的な応分の場があったからこそ、上司が部下の手ほどきを徹底して、技術の継承を行えていたのだが、競争原理を導入したとたんに、新人は上司にとっての敵になってしまい、会社全体での生産力は落ちてしまったというブログ記事を先日見た。

②日本人の国民性は、「応分の場」にてしかるべき行動をとることが、最高の徳目とされた。これは倫理的基準が相対的であり、状況依存的であることの所以である。そしてこの柔軟な倫理基準により、戦後のグローバリゼーションにおいて自身を活路を見出すことができた。日本人は適応能力がたかかったからこそ、戦後のアメリカ対日政策においてもそれほど大きな問題は起こらなかった。
しかし、いままさに起こっている宗教戦争そ側面をもった国々との関係において、アメリカが良かれとおもって文化の輸出を行った場合、イスラム国家はアメリカと同じ「絶対的な倫理基準」を持ったbンかであるため、それと相いれないものであれば、それを守るために大きな軋轢が生じてしまう。それが9.11であったわけだ。そうかんがえるとグローバリゼーションにおいて、文化衝突が起こる国々は、全体論的な倫理基準をもった国々のほうがより深刻であるといえる。

0 件のコメント:

コメントを投稿