期待して裏切られるのが怖い人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「相手に期待すると、自分が傷つくから他の人に期待しないようにしている」

とよく相談されます。友達関係もそう、仕事でもそう、恋愛相談とかでもそうです。


私はあなたに、こういう風にしてほしい。だけどあなたは全然違うことをしていて、わたしの望んだ通りにならない。」


これが一般的な期待と、期待の裏切りだと思います。


実は、お互いが期待しあって裏切られてってならない方法ってあるんです。すごくシンプルなんですよね。それって、


どんなに相手と仲良くても
「お互い他人」という前提に立って、「相手が期待通りにしてくれない理由はなんなんだろう」って相手の視点で考えることだと思うんです。


「期待したら答えてくれる」って考え方は、期待する側からしたら最も努力しなくて済む話なわけで、楽なんですよね。


でも、結局相手はそんなこと期待されても気付かないこともあるわけです。


相手に関心を寄せて、どうしたら思うように動いてくれるか考える、その人の可能性を見いだす、そういうことが本当の「期待」なんじゃないかなーと思うんですよね。自分通りになるための期待じゃなくて、相手の可能性への期待。


それが回り回って、相手が自分通りに動いてくれる近道だったりするんですよね。


これ、ぼくもわかっててできないことなんで、意識しないとな。




0 件のコメント:

コメントを投稿