受験生に大学に入る前に読んでほしい記事10選

このエントリーをはてなブックマークに追加
受験生に、進路を選ぶ際に読んでほしい記事をまとめてみました。

Yahoo知恵袋で見つけたICU関連の質問と参考になるサイトの紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
受験生のみなさん、ICUに関係したYahoo知恵袋の質問に何個か回答しています。ジャンルごとに分けてリンクを張っておきますね。あと、質問に関して思ったことを書いておきます。

難易度について

難易度ですが、一般的な試験問題ではないので、得意科目によっては向き不向きはあると思います。マーチ全部落ちる人でもICUに受かることもあります。
なにはともあれ、まずは過去問を見てください。どうしても気になればまず解いてみて、自分の得点を見てみて下さい。過去問は、ICUの公式ページに今年分はおそらくはあると思います。もしなければ、東進ハイスクールの過去問データベースを確認してみてください。

また、新しい総合教養対策に関しては、こちらを参考にしてください。

新一般入試科目「総合教養(ATLAS)」、 その傾向と対策は?

就職について


就職先については、公式ホームページにありますので是非ご参考にしてください。
業界的に強いのは、コンサルティングみたいです。学生数が少ないので、割合としてはほかの早慶上智よりも多いのではないでしょうか。

志望理由について


ICUの志望理由については、以前私が調査した記事を参考にしていただけるといいでしょう。
【ICU生に聞いた】受験時の志望動機と現状について

どっちがいい系の質問は、正直何をしたいかによります。
大学選びに悩んでいる場合は、こちらを見てみてください。


【大学受験を控える受験生へ】本当に行きたい志望校を見つけるたった一つの方 法

勉強法について

実際のキャンパスライフについて

番外編)中の人から見て参考になりそうなサイト

結構適格です。学生生活どんな感じなのかわかると思います。
このブログも卒業生が書いているブログですね。

ICU専門予備校のブログとホームページです。

【市区町村、私立、国立、公立小学校と中学校のいじめの比較】いじめが多いのはどこか

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰がいじめっ子になるのか



教育学の中だと、いじめだったり犯罪だったり、そういうことは遺伝よりも環境が原因だと言われています。特に犯罪に関しては、貧困だったり教育が原因だったりします。詳しくは、以前の記事で解説した、ペリー幼稚園プロジェクトをご覧ください。

簡単に言うと、幼児期だけ最高品質の幼児教育を受けたスラム街のアフリカ系アメリカ人は受けなかった人たちよりも犯罪率が減ったり所得が上がったりしていますよ~という調査です。

つまり、教育の有無で犯罪率が変わってしまうのです。ならばいじめはどうでしょうか。

『ピンチに勝てる脳(茂木健一郎)』

このエントリーをはてなブックマークに追加
茂木健一郎さんの本は以前に一度読んだことがあったのですが、今回は『ピンチに勝てる脳』という本を読んでみました。特に印象に残った部分を忘備録として要約と感想をメモしておきます。

【東京都の市区データでひも解く】 なぜ少子化になるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ少子化になるのか




なぜ、少子化になるのでしょうか。原因はなんでしょうか。若者の性欲不足?草食化?

そこで今回は、都市部の少子化問題の現状と問題について見ていきたいと思います。

結論から言うと少子化問題は東京全体で起こっているのではありません。少子化が特に進んでいるのは都市部です。大都市は子供を育てにくく、高学歴層に晩婚化が進んでいて、合計特殊出生率(女性一人あたりが一生に出産する数)を下げているからなのです。

順にデータを見ていきましょう。


東京都のどこにどの国籍の外国人が住んでいるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
都の統計資料を利用して、東京都の市区町村ごとに、分母は外国籍の居住者数で、分子は国別の外国籍の居住者数を使い、外国人居住率を算出し、ランキングにしてみました。

まずは中国、韓国、フィリピン、アメリカ、ベトナム、ネパールです。



引用)平成27年度 区市町村別、国籍別外国人口 http://www.toukei.metro.tokyo.jp/gaikoku/2015/ga15010000.htm
引用)外国人の増加と居住パターン

中国人が多い豊島区には、安い木造アパートが多くあり、中国人留学生や就学生を受け入れるようになったようです。


韓国、朝鮮人が多い小平には、朝鮮大学校があるみたいですね。荒川区には在日コリアンが多く住んでいる三河島があります。


アメリカ人は、外資系企業の賃貸が多く存在する港区や、東京外国語大学、ICU,語学学校などが多く存在する武蔵野市などに固まっていますね。


ベトナム、ネパールは両方とも福生市が一番居住率が高いみたいです。


次はインド、タイ、ミャンマー、イギリスです。



引用)平成27年度 区市町村別、国籍別外国人口 http://www.toukei.metro.tokyo.jp/gaikoku/2015/ga15010000.htm
引用)外国人の増加と居住パターン


東南アジア人は比較的に居住地域が似ているように感じます。
また、アメリカ人とイギリス人の居住地域が似ていますね。渋谷、港区がランクインしています。


さて、今度は出身国ごとの居住率の相関係数を見てみましょう。相関係数が正に高いほど、同じところに住んでいて、負に高いほど、それぞれ違うところに住んでいます。




絶対値の大きさが0.4以上の中程度以上の相関があるもので見ていきます。正の相関が強ければ、比較的同じところに住んでいて、逆に負の相関が強ければ、比較的に違うところに住んでいるということです。絶対値で見たときに、相関係数が0.6未満は青で、0.6以上は赤にしますね。

中国とアメリカ  -0.62
中国とイギリス -0.50
フィリピンとミャンマー -0.46
フィリピンとイギリス -0.40


ネパールとミャンマー 0.40
フィリピンとタイ 0.41
中国とミャンマー 0.43
ベトナムとネパール 0.70
アメリカとイギリス 0.82

さらに相関が0.6以上のものを散布図に落としてみました。






中国人が住むエリアと、アメリカ人が住むエリアが全然違いますね。

一方ベトナム人とネパール人は、東京の西側に住んでいることが分かります。特に福生の居住率が非常に高いですね。

アメリカ人とイギリス人はかなり住んでいるところが似ています。港区、渋谷区、目黒区と、都心部に住んでいるようです。武蔵野市、三鷹市もやや下がりますが、多くの人が住んでいますね。こう見ると、アメリカ人、イギリス人は賃料が高そうな場所に住んでいることが分かります。

そこで、東京都内の市区町村の家賃相場を比較してみましょう。武蔵村山に関しては、3LDKの賃貸情報がなかったので、0として扱っています。単位は万円です。



引用)3LDK・4K・4DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表

見ての通り、都市部の方が高くなっていて、西に行くほど安くなるんです。

そこで今度は家賃と居住率の相関関係を見ています。絶対値で見たときに、相関係数が0.6未満は青で、0.6以上は赤にしますね。



中国と家賃 -0.78
韓国と家賃 -0.46
アメリカと家賃 0.57
イギリスと家賃 0.56

家賃と居住区域に正の相関があるのはアメリカとイギリスで、負の相関があるのは中国と韓国でした。家賃が高くなるほどアメリカ人、イギリス人の方が増え、家賃が安くなるほど中国人、韓国人が増えるようです。

人口学には全然詳しくないので、なぜこのような値になるのかいまいちわかりません。知っている方がコメントしていただけると非常に参考になります。

【地域間格差】東京都の家賃相場、国立中学校進学率、私立中学校進学率を比較してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

国立中学校進学率、私立中学校進学率の比較



平成27年(2015年)の東京都の市区町村データを利用して、国立中学校と私立中学校進学率を出して、散布図にしてみました。





引用)平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の結果について

相関係数は0.88と非常に高いですね。特に文京区は、国立が1.6%、私立が40%と非常に高いです。
町全体の教育関心がおそろしいですね。知り合いが文京区の教育支援を行っていますが、公立中学生の意識が受験一色だったと話してくれましたが、確かにこれだけ周りに教育への意識が高い人がいれば、うなづけます。

家賃相場と、国立中学校進学率の比較

さて、そのような国立中学校進学率が高い地域は、それなりに裕福ではないと子供の学費を準備できないと思います。ここでは、その裕福さを表す指標として、家賃を見てみます。
家賃と国立中学校進学比率を散布図にしてみました。





引用)3LDK・4K・4DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表

こちらも相関係数が0.77と非常に高いですね。家賃が高くなればなるほど、その地域の国立中学校への進学率は増大するみたいです。

家賃相場と、私立中学校進学率の比較


おなじように、今度は家賃相場と、私立中学校進学率の比較を行いました。またもや散布図にしてみました。国立中学校進学率と比較してどう変わるんでしょうか。



引用)平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の結果について
引用)3LDK・4K・4DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表


より直線に近くなっていますね。相関係数は0.87と、国立中学校進学率よりも大きくなっていることから、家賃と私立中学校への進学率がより密接に関係していることが見て取れます。国立よりもよりお金がかかる私立だからでしょうか。

私立、国立進学率の高い地域について

読売onlineの大手小町というページで、「文京区に住んでみたい」という投稿がありました。

回答者の方の引用ですが

>文京区内で娘二人育てていますが、幼稚園のころから、ピアノ、バレエ、公文に通っていました。まわりではしごくあたりまえです。幼稚園、小学校のいわゆるお受験も珍しくありません。
我が家は公立小学校でしたが、中学受験はあたりまえ。学年の三分の二くらいの人が国公立又は私立に進学します。娘たちも親が勧める前に中学は受験するものと思ってたようで私立に進学しました。
もちろん、習いごともせず受験しないお子さんも中にはいますが、みんなと同じようにと思ったら、スイミング、ピアノ、バレエは当たり前、公文をはじめ進学塾にも早くから通わせることになります。
ほかにもYahoo知恵袋からですが、「文京区や千代田区、港区などは小学校受験する人が多数派というのは本当でしょうか?」という投稿がありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1084600590

質問者の方が
文京区や千代田区、港区などは小学校受験する人が多数派というのは本当でしょうか?
仕事で知り合った人が「お受験が当たり前って感じで、小学校までならまだしも、
中学や高校が公立だと
お金ないとか親が教育熱心じゃないとか思われる風潮があるよ」と言っていました;
と質問していましたが、それにたいして

中学校受験は普通というか当たり前です。小学校のクラスのほとんどが受験して半数ぐらいが私立の学校に行きました。私の家は特にお金持ちでもなく、教育熱心な家庭でもありませんでしたが、私立中学校に行きました。兄弟3人ともです。その土地の習慣みたいな感じです。
今は、そこを離れていますが、習慣的な感覚として身についているので自分の子どもも私立中学に進学させました。主人は地方の人だったので、?って感じでだったので逆に私が驚きました。 

と回答していました。

子供からしたら、「学校のお友達がみんな受験するから、受験するのが当たり前!」というような認識なんでしょう。この投稿をみて、私立中学校にお子さんを入学させる親御さんが、「よい教育環境を与えたい」と口をそろえていうのを思い出しました。いい場所に住むということは、つまりはよい教育環境を準備するということと等しいのかもしれません。


小学生で差がつくのはどの科目か

このエントリーをはてなブックマークに追加
よく小学生の親御さんとお話する機会がよくあり、「小学生のうちに何を勉強したらいいのか」をよく聞かれることがあります。

それに関係して、面白いデータがありましたのでご紹介します。


【ど文系でいきなり統計でつまづいた人向き】平均、偏差、偏差平方和、分散、標準偏差をエクセルを使ってわかりやすく

このエントリーをはてなブックマークに追加

目的

「ど文系で数学1A、2Bすらできない!シグマわかんない!だけど大学では統計を使う必要があって・・・・大学って基本的に高校レベルの内容クリアしてるの前提だからめっちゃムズイ!死ぬ!」って人向けに、中学生レベルにまで落として、統計の基礎を学習できるよう書きました。

内容的には、平均、偏差、偏差平方和、分散、標準偏差あたりをカバーします。このへんの言葉聞いて「?」って人は読んでください。

エクセルを使います。実際にこのページ通り数字入力しながらやると、直観的にわかると思います。初めてエクセル使う人でもわかるように書いたつもりです。


【幼児教育の質で成人後の年収差が○○万円?】 幼児教育の実証研究「ペリー幼稚園プロジェクト」についてまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児教育の実証研究について


最近読んだ本で、『学力の経済学』と『保育園義務教育化』がとっても面白かったのですが、そこで紹介されていた、幼児教育の教育実験に非常に興味を持ったので、いろいろ調べてみました!

ひとまず探したところ、(1)ペリー幼稚園プロジェクト、(2)アベセダリアン・プロジェクト、(3)マシュマロ実験があったので、今回では特に有名な、ペリー幼稚園プロジェクトについて調べてみようかと思います。


保育園義務教育化(古市憲寿 )読んでみました。書評

このエントリーをはてなブックマークに追加

『保育園義務教育化』を読んでみました。


古市さんの本は過去にもピースボートに関する本を読んだのですが、今回は『保育園義務教育化』という本を読んでみました。


教育格差写真集

このエントリーをはてなブックマークに追加
教育格差について、日本にはいろいろなデータがあるので、様々なグラフを交えてご紹介します。

1. 親の収入と高校卒業後の進路

  • 年収が高いほど、4年生大学進学率が高まる。
  • 年収が高いほど、高校卒業後の就職率は低くなる。
文部科学省より引用)
(出典)東京大学大学院教育学研究科 大学経営・政策研究センター「高校生の進路追跡調査第1次報告書」(2007年9月)


2. 大都市圏近郊中都市における受験塾への通塾別学力分布


  • 学力が上がるほど通塾層が増加する
  • 学力が上がるほど非通塾層は減少する


3. 大都市圏近郊中都市における父親の学歴別学力分布


  • 学力が上がるにつれて父親が大卒率が増加する


4, 家庭学習時間別・世帯所得別の算数学力平均値


  • 年収が上がるにつれて、学習時間が増加する



(出展 ベネッセ教育総合研究所 学力格差とペアレントクラシーの問題

5. 東大生の家庭の年収分布


  • 東大生の家庭では年収950万円が半分以上



(出展 東大生の親は、わが子だけに富を密輸する 武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文)


6. 世帯年収別の子供の学力



  • 世帯年収があがれば上がるほど、子供の学力平均は増加する

7. 年齢学歴別年収比較(男性、女性)


  • 大卒学歴と、高卒では年齢が上がるにつれて賃金に差が開いていく



出展 Teach for Japan

8. 世帯年収と大学進学率


  • 世帯年収があがるほど、学歴も上昇する


(出展 NPO法人 エディケーションエーキューブ

【ICU生100人に聞いてみた】親の学歴と職業について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICU生の親の学歴と職業について

今回は、ICU生の親の学歴と職業について調べてみたいと思います。