プロフィールに載せる項目再考

このエントリーをはてなブックマークに追加
開発メモ3/15 酒飲みながら。

今日lemonlemon.coを見て思ったこと。

プロフィールの入力項目が秀逸。
このプロフィールを見たら、この人会いたいってなってしまうやろっていうプロフィール項目。

しかも、ちゃんとほかのユーザのプロフィールを見たうえで入力できるからユーザーフレンドリーだよね。入力する意味があるというか。

プロフィールを埋めるという行為には、先に対する希望があり、かつ不安感がない状態になってはじめてできるものだから、先を示せているのがよいね。

lemonlemonの質問項目は

・勉強・研究内容
・インターン・アルバイト・仕事経験
・内定先・就職先・卒業後の進路
・趣味や特技は?

なるほどね。意識が高くアッパーな人が興味あるのはこういうところだもんね。

アカデミックなことに興味がある人が、議論したいことって何だろう。

プロフィールを入力してもらった後に、
ユーザーにはディスカッショントピックを設定してもらいたい。
その際、ディスカッショントピックについて、どのような情報を入れればいいのか。

よし、こういう時は自分自身の個人体験を元にするといいね。
ほかの人、違うメジャーの人、同じメジャーの人と話してみたいトピックってなんだろう

僕は、大学3年生のころは教育社会学を学びたいと思っていて、
東大の院に行きたいと思っていた。

そして、それは「優秀な生徒ほど、学校教育と学校外教育を比較し、功利的に学校教育から逸脱していくはず」という仮説を持っていた。それについて、自分は卒業論文を書いたし、今でもその事実は(主観ではなく事実にできたのはうれしいが)面白いと思っている。仮説に対して、面白いと思ってくれたり、いろんな人から違う視点をもらえるのは面白いよな。

だから、一つは「仮説」についてが面白いと思う。

あとなんだろう、アカデミックな議論について話してみると面白いと思うの。

あ~そういえば賛否両論の分かれる議論とかね。

僕は社会学を学んでいる身だから、個々人の能力は遺伝より環境だと思うんだけど
例えばサイコパス書いていた人とか、サイコパスは遺伝から生まれるとか言ってたし、
そういう相反する議論について話すのは面白いと思うのよね。特に相反する議論って、常に二つの視点と二つのエビデンスをもとに議論するようなものだから、非常に得られるものが多いというか。

あ~あと問題意識ね

既存の研究だとここないけど、こういうの見たら面白いよねとか。
ただこれだけだとワードとして誤解が多いというか。ん~それは例えば、反感とかそういう意味でとられてしまう可能性があるから違うなあと。ちゃんとある程度研究したことある人は、問題意識=研究でのLiterature Gapってこと理解できると思うけど、そうでない人が利用するだろうから難しそうだな。

問題関心とか?

なぜこの分野に興味を持っているか、なにについて話したいのか。

https://www.quora.com/






0 件のコメント:

コメントを投稿