【本当にあったオワハラの話】中小、ベンチャー企業の選考気を付けたほうがよいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま中小企業やベンチャー企業を受けている就活生の方も多いと思います。
今回は、中小企業とベンチャー企業を受ける際に、オワハラについて気を付けてほしいことを実体験をもとにお話しします。

就職活動で聞く「オワハラ」の意味とは

オワハラとは「就活終われハラスメント」の略語で、就職活動中の学生に「他社を断ったら内定を決める」、「ここで就活を終わる意思を示せ」、「もう他社の面接は受けるな」などと発言する事や、示唆するような言動を企業が取る事から付けられたハラスメント行為です。(就活のオワハラを撃退!就活生を恐怖に陥れる具体例と対処法

僕が経験した、オワハラの実態

僕は去年中小企業やベンチャーを多く受けていましたが、その中でオワハラに遭遇しました。

その会社(研修屋の中小企業)の選考では、グループディスカッションが3回終わった後に、マッチング期間というものがあります。応募時にはその期間がどのくらいになるのかが書いてありません。

僕はその会社のグループディスカッションにすべて通り、マッチング期間に到達したのはちょうど選考は5-6月の時でした。ちょうど大手の選考が始まる時ですね。

長期間会社に拘束される

ほとんど毎日会社に出勤されて、営業のロープレや会社の説明、社員との面談をさせられました。そのマッチング期間中は、ほとんど他社の選考を受けられない状態になってしまいました。本社の人いわく、「うちは理念に完全に共感できる人しか採用しないから、しっかりと面談する」という風に言っていました。
いつになったら終わるのかがわからないまま、3週間くらいが経過していました。

第一志望でないと最終面接に進めない

そしてついに最終面接に進めさせてもらうことが決定したときに、人事の方が「今他社の選考は受けていますか。もし弊社に内定したら、辞退しますよね」と言われてびっくりでした。僕は「御社が第一志望ですが、他社競合も見たうえで入社したいと思っておりますので、就職活動は内定してからも続けます」と本心で伝えたものの、人事の方は「それでは最終面接に進めさせることはできないですね」と答えました。

もう立派なオワハラです。ウソをつくしかないですよね。そこで「わかりました、第一志望なので、他社の選考は辞退します」と答え、内定後に就活を続けようと考えました。

結局、最終面接に進み内定しました。
ところが、内定したらその次の週から、全員必須の宿泊研修が入れられていたのです。
これも内定してから伝えられました。

正直就職活動を進める気満々だった自分としては、困りました。そして同時に、この企業の露骨すぎるオワハラを見て、まったく入る気がなくなりました。「ああ、品のないクロージング。学生営業のバイトでもこんな下品なクロージングしない」と。

ただ、3カ月近くかけて選考を受けて内定辞退するのはもったいないので、大学の授業が入っていてどうしても抜けられないと伝え、他社の選考を受けていました。

その後7月くらいに辞退の連絡を入れたら、「会社まで来て謝りに来い」と言われました。

企業の言い分

さて、企業側の言い分としては
(1)お互いのために、この会社に本当にあっている人をきちんと採用したいから会社に拘束して面談を多く入れるのは当然
(2)辞退されたくないから、第一志望の人しか採用したくないし、他社の選考を受けないと約束したはずだ
(3)だからその約束を破ったのは迷惑だからあやまりに来い
ということだと思います。

反論

(1)お互いのために、この会社に本当にあっている人をきちんと採用したいから会社に拘束して面談を多く入れるのは当然
会社の拘束しないと内定できないのは、さきほどのビデオのオワハラに該当します。
言いたいことはわかりますが、だからと言って権利を奪うのは違うと思います。
(2)辞退されたくないから、第一志望の人しか採用したくないし、他社の選考を受けないと約束したはずだ
一人当たりの採用コストが高いことも知っていますが、だからと言ってオワハラしていいわけではないと思います。日本国民には職業選択の自由は保障されてますからね。
それならばもっと採用PRを工夫するなりして、第一志望の人が残りやすいような仕組みに変えるべきだと思います。

オワハラの対処法

もしそこまで優先順位が高い会社ではないところがオワハラしてきた場合は、辞退するのが一番得策です。企業にも自分自身にも迷惑をかけません。

問題はある程度志望度が高い企業で、かつまだほかの企業の就職活動を続けたい場合です。こうなると、本当のことを言ってだめならうそをつかざるを得ないと思います。

そういう会社では、あまり他社を受けていることや内定をもらっていることを伝えるのは万が一に備えてやめておいたほうがいいかもしれません。なぜなら、最終面接で内定後にその場で辞退の電話を入れさせる可能性があるからです。(友人でも何人かいました)

また、内定後イベントを即入れてくる会社もあると思います。もし就職活動を続けたく、それを人事の人に説明して説得できないのであれば、事前に日にちをブロックして用事を作っておけるような口実を作ったほうがよいです。

これは企業に迷惑をかけるのは間違いないことです。
とはいえ、新卒カードを使えるのは人生で一度。オワハラのために人生を棒にふるってしまうのはおかしい話だと思います。
就職活動、更にはその後の会社生活において、労働者と使用者(会社)の間にある程度の信頼関係がなければなりません。“オワハラに近い”行為を全て拒絶していたのであれば、自らの道を狭めてしまいかねません。
 就職活動は、企業とのお見合いみたいなもので、就職活動生と企業のある程度の合意と信頼関係が必要です。全て完璧を求めようとしても、そのような企業はありません。過剰に「オワハラだ」と反応することはいかがなものかと考えます。大切なことは、会社で、自分が何をしたくて、結果的にそれがどのように会社の役に立つかです。法律が守ってくれるからと言って、就職活動生が大手を振れる訳ではありませんし、立場を利用して企業があからさまなオワハラを行なうことも良くありません。バランスが大事です。また、オワハラを始めとするハラスメント問題は、判断基準が曖昧な事も言えます。代表的なパワハラ・セクハラも「教育の一環」「コミュニケーションの一環」として、甲乙付け難い事も事実です。オワハラも基準が曖昧で、入社しない限り1度きりの関わりで終わりますので、大きな問題までには発展しません。しかし、新卒での就職活動は1度切りです。オワハラに負けてしまい、今後の人生を簡単に考えないように気を付けましょう。本当に自分が働きたいという会社を突き詰めていく必要があります。(新卒就活生必見!法的に見たオワハラの実態と対処法

【研究まとめ】高偏差値高校生にとって、学校はいらないという真実

このエントリーをはてなブックマークに追加

高偏差値生のほとんどが寝たり内職しているのはなぜか

学校にいませんでしたか。



学校の授業はほとんど寝ていたり、内職しているのに、
めっちゃくちゃよい大学に受かる友達。

先日読んでいた、『「学級崩壊」でも東大に6割 スノッブな筑駒生 』という記事にはこのように書いてありました。
筑駒は東大進学率が高いのですが、授業では受験対策を一切やりません。だいたい、どの先生も、学習指導要領を全然守らない。教科書は一応、机の上に置いてあるのですが、一度も教科書を開かずに学期が終わるという授業もありました。例えば、日本史の授業は、担当の先生が「大津事件」の研究者で、毎回授業で話すことといえば、大津事件のことばかり。そのまま1学期が終了しました。

 生徒も、途中から学校に来なくなる人もいます。先生もいちいち出欠をとらないので、問題は起きません。授業に出ている生徒も、前列に座っている人は真面目に聞いていますが、だいたい7~8割の生徒は内職していました。難しい数学の問題を解いている生徒もいれば、将棋の棋譜を研究している生徒もいる。音楽の話をしている生徒もいれば、勝手に弁当を食べている生徒もいる。ほとんど、学級崩壊です。(出世ナビ

大学4年間、教育界隈の仕事や専攻で、教育にかかわるいろんな人(小学生から高校生、塾講師、教師、edtech企業)を見てきて、ある一つの、当たり前な共通点を見出しました。

優秀な生徒ほど、自分の頭で考えるから、学校から課された勉強をさぼってやるべきことを自分でやることが多いということです。

なぜ優秀な生徒ほど、高校の勉強をさぼるのか、見ていきましょう。

【能力は環境か遺伝か】『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(橘玲)を読んでみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』を読んでみました


書店に並んでいて、おもしろいタイトルの本だな~と思い、Kindleでポチりました。
著者の橘さんのプロフィールです。
1959年生まれ。早稲田大学卒業。2002年『マネーロンダリング』でデビュー。同年、「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』がベストセラーに。06年『永遠の旅行者』が第19回山本周五郎賞候補となる。橘玲公式サイト http://www.tachibana-akira.com/(amazonより
さて、今回も例にならって要約と面白かった箇所についてのまとめていきます。

プロフィールに載せる項目再考

このエントリーをはてなブックマークに追加
開発メモ3/15 酒飲みながら。

今日lemonlemon.coを見て思ったこと。

プロフィールの入力項目が秀逸。
このプロフィールを見たら、この人会いたいってなってしまうやろっていうプロフィール項目。

しかも、ちゃんとほかのユーザのプロフィールを見たうえで入力できるからユーザーフレンドリーだよね。入力する意味があるというか。

プロフィールを埋めるという行為には、先に対する希望があり、かつ不安感がない状態になってはじめてできるものだから、先を示せているのがよいね。

lemonlemonの質問項目は

・勉強・研究内容
・インターン・アルバイト・仕事経験
・内定先・就職先・卒業後の進路
・趣味や特技は?

なるほどね。意識が高くアッパーな人が興味あるのはこういうところだもんね。

アカデミックなことに興味がある人が、議論したいことって何だろう。

プロフィールを入力してもらった後に、
ユーザーにはディスカッショントピックを設定してもらいたい。
その際、ディスカッショントピックについて、どのような情報を入れればいいのか。

よし、こういう時は自分自身の個人体験を元にするといいね。
ほかの人、違うメジャーの人、同じメジャーの人と話してみたいトピックってなんだろう

僕は、大学3年生のころは教育社会学を学びたいと思っていて、
東大の院に行きたいと思っていた。

そして、それは「優秀な生徒ほど、学校教育と学校外教育を比較し、功利的に学校教育から逸脱していくはず」という仮説を持っていた。それについて、自分は卒業論文を書いたし、今でもその事実は(主観ではなく事実にできたのはうれしいが)面白いと思っている。仮説に対して、面白いと思ってくれたり、いろんな人から違う視点をもらえるのは面白いよな。

だから、一つは「仮説」についてが面白いと思う。

あとなんだろう、アカデミックな議論について話してみると面白いと思うの。

あ~そういえば賛否両論の分かれる議論とかね。

僕は社会学を学んでいる身だから、個々人の能力は遺伝より環境だと思うんだけど
例えばサイコパス書いていた人とか、サイコパスは遺伝から生まれるとか言ってたし、
そういう相反する議論について話すのは面白いと思うのよね。特に相反する議論って、常に二つの視点と二つのエビデンスをもとに議論するようなものだから、非常に得られるものが多いというか。

あ~あと問題意識ね

既存の研究だとここないけど、こういうの見たら面白いよねとか。
ただこれだけだとワードとして誤解が多いというか。ん~それは例えば、反感とかそういう意味でとられてしまう可能性があるから違うなあと。ちゃんとある程度研究したことある人は、問題意識=研究でのLiterature Gapってこと理解できると思うけど、そうでない人が利用するだろうから難しそうだな。

問題関心とか?

なぜこの分野に興味を持っているか、なにについて話したいのか。

https://www.quora.com/






UX戦略の競合比較したうえで、思いついたこと書きなぐり

このエントリーをはてなブックマークに追加
サービス日記3/15

UX戦略の記事を読んで、競合サービスの比較とやらをしてみた。

競合のサイトを見てみると、いかにコアとなる体験を与えるために、
機能を細かく作っているかがよくわかる。

例えば、Lemon。

「アッパー層の学生、社会人に出会いたい」というユーザーのニーズを、

・人工知能による審査を経て入会(アッパー層選別)
・おすすめの面白い人をレコメンドしてくれる機能(出会いたい)
・掲示板(出会いたい)

自分自身も使ってみて、この3つが、ユーザーのニーズを明確に満たしてくれているため、非常にワクワクした。

ほかにもMatch Lab
「アカデミックな知的好奇心がある人とお付き合いしたい」というユーザーのニーズを、

・アカデミックなコミュニティの選別(ランディングページ)
・アカデミックな内容のプロフィール(出会いたい)
・マッチング機能(お付き合いしたい)

という三つの機能で満たしている。自分も独身なら使ってみたい。

競合サイトを見るとよいのは、ある特定のユーザーのニーズを埋めるために、どのような機能を実装しているのかがわかり、かつそのユーザーのフローまでがわかるところだ。

じゃあ、CurioCityは何だろう

「アカデミックな知的好奇心がある人と、議論したり出会いたい」というユーザーのニーズに対して

・メジャー別プロフィール機能→アカデミックな知的好奇心の人と出会いたいという欲望
・ディスカッション機能→議論したいという欲望
・マッチング機能→出会いたいという欲望

これが実装されているということだ。

でもよく考えると、実は論文ってそこまで大事な機能ではないのかもしれない。
そもそも論文を見る意味ってなんだ?学部生や修士のくそみたいな論文を見たいのは、論文そのものの価値というよりも、その論文を書いたユーザーを紹介するためのツールでしかない。行ってみれば、マダムのビトンみたいな。ビトン自体に価値があるのではなく、ビトンを使うマダムに価値があるみたいな、そういうことじゃね?

ってことはさ、あくまでも論文という機能は、プロフィールのなかに含まれるべき概念で、論文そのものにはそこまで価値がなく、ユーザーと紐づけられて初めて価値が高くなるものなのではないかと。

ふ~む、こうやって文字で書いてみると、いろいろ整理されるぞ。

ユーザーにとって、ニーズとは

・「アカデミックな知的好奇心がある人と、議論したり出会いたい」

つまり、サービスの価値とは、これを満たせるものであればいいんだろう。

であればさ、

ユーザーは議論したいトピックと、議論したい論文があるべきなんではないのか?
ユーザー登録したときに、ユーザーはプロフィール(アカデミックな興味分野)を最初に入力する。で、そのあと、そのユーザーが議論したいトピックについて投稿する。例えば、僕みたいに「高偏差値層の学校教育は不必要なのではないか」みたいなトピックを作って、それがユーザープロフィールにのる。ほかのユーザーは登録時にそのトピックを見て、このユーザー面白いのではないかなと思って議論する。並列上に「あなたの興味関心を表す研究成果物」という欄を用意し、アップロードするとユーザープロフィールに登録されると。

うわ、THE これって感じだわ。こっちのほうがめっちゃしっくりくる。
あとは、このサービスに関して、これがもっとわかりやすいような形になるように実装すればえんちゃうか。