【初心者でも5分でできる】 Tableauでポリゴンデータを利用し、市区町村ごとに色塗りマップで表示する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tableauを使って、市町村データを分析してみた



さて、Tableauで地理情報を利用して、色塗りマップを作製することができます。今現在利用できるのは下記の4つの方法があります。

  1. 国、都道府県情報(デフォルトで利用できます)
  2. 緯度・経度情報(データに緯度と経度を追加すると利用できます)
  3. 郵便番号情報(デフォルトで利用できます。日本だと上3桁までなら利用できます)
  4. 市区町村ポリゴンデータ


都道府県ではデフォルトで地域ごとに色塗りすることができるTableauですが、市区町村レベルになるとまだできないみたいです。(例 世田谷区等)
前回のアップデートで郵便番号に対応しましたが、郵便番号を使って市区町村別に見たい時に、郵便番号が重複して分析ができませんでした。


そこで、今回はTableauを使って、市区町村ポリゴンデータをもとにマップの色塗りをする方法をご紹介したいと思います。


例題として、東京都の私立中学校進学率と家賃平均を市区町村ごとに色ぬりマップで表示してみました。完成したマップはこちら。







これの作り方について解説します。



データサイエンス初心者なので、用語とかわかりませんが、無知の人でも作れるように
説明します。


目次
  1. データの用意
    • 元データの準備
    • ポリゴンデータの準備
  2. Tableauでマップ形式にする
    • 元データとポリゴンデータの関連付け
    • 緯度と経度を設定
    • 地図表示を選択
    • ポリゴンデータの設定
  3. 地域ごとに見たいスコアを分析してみる
    • 私立中学校進学率と家賃平均


1. データの用意

最初に、元データの準備をします。
今回の場合だと、東京都の市区別私立小学校の進学率と家賃相場を元データのエクセルにまとめましょう。ちょうどこんな感じ。



次に、ポリゴンデータを用意します。A Successful Failureさんのページに行って、

Japan_Municipalities_Polygon_Data_2016-08-12.zip (3,771,447byte)

というcsvファイルをダウンロードしてください。

開いてから、明細を押すと、都道府県とLocal IDが見つかると思います。


東京都の区市のLocal IDをコピーして、元データのエクセルに貼り付けましょう。
面倒だったらここからダウンロードしてください。
http://firestorage.jp/download/6f60a1a8d7b8316478b4feae93cfeeae3d6084a2





これで元データの準備は完了です。

次にポリゴンデータの準備ですが、
今ダウンロードしたファイルがそれなので飛ばします。


2. Tableauでマップ形式にする


Tableauを起動して、さきほどのExcelファイルを2つ突っ込みます。




そして、ポリゴンのデータを利用して、ポリゴンというタブ、もう一つの元データのタブをドラッグアンドドロップします。



Local IDどおしで結合させて


シートを作成しましょう。


緯度と経度を列と行に設定して




via GIPHY



二つの値をdimensionにします。




via GIPHY


あとは地図化させます。




via GIPHY

ポリゴンデータの設定をします。
LocaLIDとSubPoligonIDを詳細にぶち込みます。


多角形を選択します。


最後に、PolygonIDをパスに追加するとマップが表示されます。



3. 地域ごとに見たいスコアを分析してみる


あとは、市区データの私立中学校進学率と家賃平均を色に追加すると、鮮やかなマップが出てきます。

市区町村ラベルをマークの中に持ってくると、マップをマウスでホバーしたときに場所が出るようになります。



Tableauの魅力は、インタラクティブなところ

いかがでしたでしょうか。
このように市区ごとに分析すると、例えば中央線付近の進学率が高いということに気付き、中央線付近の「親の大卒率はどうだろう」などと分析を広げられると思います。
これがTableauの一番の魅力、インタラクティブに分析できるところではないでしょうか。

関連記事

時系列データとの合わせ技はこちらをご確認ください。
【初心者でも5分でできる】Tableau:時系列データを利用して、色塗りマップを動的に見せる方法
http://review-of-my-ife.blogspot.jp/2016/12/HowToCreateColoredMapWithTimeSeriesDataInTableau.html

参考

ぶっちゃけやり方は下のリンクを見るだけでもわかるかもしれません(初心者だったので手間取りました。)
あと、地図データに直接地名を載せる方法、だれかえらい人教えてください汗

日本市区町村ポリゴンデータ for Tableau
http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/4668873.html


備忘:Tableauでの地図描画について
http://hsuetsugu.hatenablog.com/entry/2014/07/10/220816

おすすめ記事


【データで見る】2016年度の東京都待機児童率を地図化してみた


【人口問題】 東京都の市区町村別に過去10年の合計特殊出生率を見てみる


消えゆく職業、これから消える職業を見たら、公教育は時代の要請からかけ離れすぎていた


【教育格差】データで見たら、人生は想像以上にただの課金ゲーだった話


【データで見る】公立・私立・国立小学校先生の年収と学歴に差はあるのか


【データで見る】小学校受験をさせるメリット ー私立・国立小学校の教育の実態ー


【データで見る】小学校受験をさせたメリット ーどんな小学生がいるのかー


『学力と階層(刈谷剛彦)』読んでみました。


【市区町村、私立、国立、公立小学校と中学校のいじめの比較】いじめが多いのはどこか


【東京都の市区データでひも解く】 なぜ少子化になるのか


【地域間格差】東京都の家賃相場、国立中学校進学率、私立中学校進学率を比較してみました


【地域間格差】東京都の家賃相場、国立中学校進学率、私立中学校進学率を比較してみました


保育園義務教育化(古市憲寿 )読んでみました。書評