Drop Down MenusCSS Drop Down MenuPure CSS Dropdown Menu

公開日 : 2017-09-17

Facebook広告効果を数字で検証してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加




こんにちは、新卒で金がないのに引っ越しで金を使い果たしたDAIです。


今回は、せっかくブログ収益が4万円を突破したので、もっとスケールさせるためにFacebook広告を利用してみようと思います。はじめてFacebook広告を利用したので、その時調べたことの覚書と、実際に集客効果の検証の結果をまとめていきます。バズ型のブログでFacebook広告を運用してみました。

目次

  • Facebook広告の効果(他記事参考)
  • 今回利用するブログと記事(The Academic Times)
    • 特徴
    • 過去の実績
  • Facebook広告
    • 費用
    • 期間
    • ターゲティング
  • 目標数値
    • いいね数
    • シェア数
    • アクセス数
    • 広告収益
  • 最終結果
  • 分析


Facebook広告の効果(他記事参考)


過去、ほかのブロガーさんがFacebook広告を利用してみた事例を探してみたところ、こういう事例もありました。この事例だと、毎日500円を予算に20日間Facebook広告を運用したみたいで、その時の広告効果がこちら!

1日500円で20日間広告を使うと、343件のいいねを獲得(=1日あたり17件のいいね)
・シェアなども含めて、投稿のリーチ数は55776
Facebookの1日500円分の広告効果とFacebookページの効率的な運営方法のすべて

なるほど、効果はそんな感じなんですねぇ。

今回利用するブログと記事(The Academic Times)


今回利用する記事は、過去にNews Picksで500picks、5万PVを出した記事です。過去にバズったことのある記事なので、拡散可能性は高いですね。


特徴としては、基本的にはSEO対策はまったくせず、バズによる拡散だけで収益化しているブログです。バズった月は3万PVほど、放置しておくと2000PVほどです。



こんな感じでFacebook上にポストしてみました。驚きと、感動を与える文言で、シェア率を上げたいので、どれだったらシェアするか友達に聞いてみて、一番良かったものを広告にしました。

Facebook広告


費用は、個人の趣味でやるものなので、あまり使いたくありません。今回は収益化したブログで得た資本をもとでに、5000円投資してみたいと思います。


期間は紹介した記事の半分の10日間にしてみます。新卒で金がないからです。だれかお金を恵んでください。


ターゲティングに関しては、初期段階では絞りすぎるとよくないので、広めにビジネスカテゴリを選択してみます。



ページへのいいね数をKPIとして上げることにします。一度多くのいいねを獲得すれば、広告を利用しなくても拡散されやすくなります。前の記事よりも少し上回るくらいのいいね数が欲しいですね。


KGIとしてシェア数、記事へのいいね数を上げることで、拡散度を増やし、ページへのいいね数を上げることを目指します。


また、前提条件として、投資した分は回収したいです。収益源は基本的にアドセンス広告のみなので、1万円を広告収入で取り返します。このブログの1PVあたりの収益は0.23円なので、45000PVほど獲得すれば取り返せる計算となります。

目標数値


これまでの戦略をまとめると、

KPI: いいね数: 350
KGI: シェア数: 知らんけど100くらいいけばいいんじゃないかなぁ
KGI:記事へのいいね数: 知らんけど500くらい行けばいいんじゃないかな
広告収益:5000円
PV数:45000PV

です。

分析


Facebook広告を登録すると、15分以内に登録が受理されました。ものによっては受理されないんだとか。結局ちゃんと受理されたので、うまくいったみたいです。


こちらはFacebook広告のターゲット設定画面です。性別、年齢層はもちろん、どの地域に住んでいるかまで選べるようです。ローカルビジネスでも、しっかりターゲティングできそうですね。ここは特にいじりませんでした。



さらに興味関心なども設定できます。僕の記事は教育学に興味がある人だろうと思い、教育学と設定しました。





こんな感じでターゲティングを行い、いざ広告をスタート。次の日になっていたら広告運用が開始されていました。

結果

広告をうった投稿はこんな感じになりました。


さて、どんな広告効果はいかほど?結果をを公表してみたいと思います。じゃじゃん!



  • ページいいね数が82→目標値は350
  • 記事いいねが153→目標値は500
  • シェア数が51→目標値は100
  • 総収益が561円→目標値は5000円


ベンチャーで新卒マーケターやってたら、一日で首が飛びそうなレベルで完全な赤字ですね。ダメダメでした汗


ちなみに時系列データに落としたのがこちら。



感想とか分析


負け惜しみにはなりますが、収支を合わせられる気はさらさらなかったので、今回は実験で楽しむくらいのモチベーションでやりました。ということで、面白かった点、気づき4点


・シェアされるまで少し時間がかかる


一度に多くのシェアを獲得するまでに少し時間がかかりました。バズる可能性の高い記事でも、最初の数日は待たないとだめですね。僕の場合だと、4日目くらいからシェア数が増加しました。



・シェアされてからちょっと時間が経つとページいいね数が増える


考えてみれば当たり前なことなんですけど、シェアされてから2-3日経つとページのいいね数やフォロワー数が増えますね。Facebookユーザーは一日中Facebookに張り付いてるわけではないので。今回はサンプルとなる日付が10日間しかないのであんまり参考にならない気がしますが、時系列グラフにまとめたデータがこちら。




9月10日~11日でシェア数が増加しましたが、その後ページいいね数が伸びています。
おそらくもう少し多くの広告をうてるようになれば、こういう特徴はもっと目に見えるようになると思います。だれかこれを確かめてみたいので献金してください。



・ターゲット変えると拡散する


また、最初の2日間はリーチしていても、全然リアクションがない(いいねがない、投稿へのクリックがない)ので、3日目にターゲットの設定を少し変えてみました。そのときの記録を見てみると、以下のキーワードがプロフィールに含まれている人を対象にしたみたいです。

利用者層を変更
京都大学, 慶應義塾大学, 国際基督教大学, 上智大学, 早稲田大学, 東京学芸大学 ,東京大学 , 日本経済新聞(日経新聞), 東京外語大学, 修士号, 博士号

この記事が響きそうな対象にターゲットを3日前に変更したのも、シェア数増加につながったのではないでしょうか。こういうはまりそうなターゲットの嗅覚つけたいなぁ。


・記事批判で拡散する人が結構いる


意味不明な論点で難癖つけて拡散してくれる方が結構いらっしゃいました。個人的には難癖つけられようが拡散してくれることにはありがたかったです。見たい人に届くので。そういう人を増やせるようにもう少し記事広告を感情的にすればよかったなぁ。


ということで、感想と分析でした。
とりあえず広告効果を上げるために次にやるときは、


・感情的な広告
・適切なターゲティング
・長期的な投資(最低でも1カ月くらいはやってみたい)
・過去のリアクションのあったユーザー特徴の分析データ分析


に挑戦してみたいですね。おわり。




スポンサーリンク