Drop Down MenusCSS Drop Down MenuPure CSS Dropdown Menu

公開日 : 2016-12-31

成人式とかいう、士農工商オールスターズ戦について

このエントリーをはてなブックマークに追加
どうも公立小学校、中学校で過ごしてきたDAIです。



今周りでお付き合いしている友達が、私立小学校やら、私立中高一貫校なんやらで
、教育投資ドーピング系の人は地域の成人式いかない人ばかりです。

そんな中、成人式でなかなか共有できない感覚なんだけどわかる人いますかね。

地域の成人式で、「あれ、おんなじ小学校、中学校だったのに、8年たったら全然誰だかわかんないやついる!」感。

この感覚共有できる人いないかな。

ということで、よくわかんないやつをジャンル分けしてみるよ!

誰だかわかんないやつ① ピコ太郎みたいな男





よく小学校、中学校の男子グループで、スクールカーストの上のほうにいた、暴力系グループ。
なんだかよくわかんないけどさ、中学校の時変わらないのに、8年越しにあうとみんなピコ太郎みたいなるんだよね。おい、成人式だぞ!袴着ろよ!
それじゃあレンジャーだぞ!ピコ太郎イエロー、レッド、ピンクみたいな。
(で、必ず一人だけ北斗の券で南斗聖拳使いそうなロンゲ人いるんだよね。)



参考)北九州市の成人式 http://www.danshihack.com/2015/01/11/junp/twitter-seijin-2015.html


誰だかよくわかんないやつ② 「ウォーリーを探せ」ぐらい判別が難しい「しめじ系女子」



【画像】これクローン人間!?「量産型女子大生」が急増中
https://matome.naver.jp/odai/2137102146308248201


これに袴を着ているイメージ。とにかく、声かけられても化粧濃すぎてだれか全然わからない。
「しめじですか?」っていう感じ。袴きてて髪染められてて、化粧されてるともう誰だかわからない。

成人式で集まるコミュニティによって、服装も化粧も似通る説

成人式に行って気づいたんだけど、ピコ太郎はピコ太郎で集まるし、しめじはしめじで集まる。
で、化粧が薄い人もそういう人たちで集まる。
で、そういう人たちは学歴やらなんやらも似通う。
これが面白いのが、集まっている集団は基本的に5,8年前と変わらないのよね。

僕たちは、制服という衣で、格差が隠されていただけだったんじゃないか

で、ちょっと思ったんだけど、つまりこういう差って、中学校の制服によって隠蔽されていたんじゃないかなって。
小学校なんてみんなファッション変わらないけど、中学校くらいからやっぱり変わるじゃないですか。
そういったタイミングで、みんな同じ服着せられているから、差が見えにくいんじゃないかなって。

20の時に、み~んな生まれも同じ地域で、平等でなんて思ってたんだけど、全然そんなことないんだよねって感じたの思い出した。

本当は中学生の時点で、社会文化的背景が似通っていた人たちが一緒になってたんだね。いい悪いとか別に。

成人式は、一度分断された壁を、強制的に集めるイベントだった


そういう社会文化的背景が違う人たちって普段一緒にすれ違うことがないから目に見えないけど、成人式っていうイベントは、そういう階級が違う、士農工商の人たちが強制的に出会うイベントなのかなと。社会学徒としては非常に面白いイベントですね。


スポンサーリンク

東大生もハーバード生も、親の年収が頭おかしい件について

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大生もハーバード生の親も金持ち?



先日、こんなツイートが回ってきましたー


わお、東大の親の家庭年収が1千万近いというのは知っていたんですけど、ハーバードも高いんですか。


ということで、私立大学と国立大学を比較するのは少し変な気がしますが、今回は東大とハーバードの家庭の年収分布についてみていきます。

目次


  • 東大生の親の年収分布:半数以上が950万円以上
  • ハーバード生の親の年収分布:東大よりも圧倒的に上だった




スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-29

【Mendeley】卒論書くなら文献管理ソフトMendeleyで論文管理して効率的に書こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ卒論で消耗しているの?卒論が終わらないなら、Mendeleyで効率的に参考文献を整理しておこう!


どうも、僕も卒論で消耗しています。

卒論書いていて、一番困るのは、「あれ、この言葉って誰が言ってたんだっけ?」とか、「あれ、この論文のどこにこの言葉書いてあったんだっけ」とか探し始めて、めっちゃくちゃ無駄な時間を過ごす瞬間です。そんなことに時間使いたくない!

そんな人におすすめなのが、文献管理ソフトMendeley!


スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-28

建設的な会話ができる人とできない人のたった一つの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加



社会人になると、建設的な会話ができる人とそうでない人に大きく分かれますよね。僕がいろいろな人と話していて、この人建設的な会話できる人だなぁと思った人と、そうでない人を思い出しつつ、建設的(constructive)な会話と、そうでない会話の違いが何かを考えてみました。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-27

【データで見る】2016年度の東京都待機児童ランキングと待機児童マップを作ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

「東京都の待機児童数を見てみよう!」と思ったら、
なんと、市区町村別データは全部PDFになっているんですね。CSVないんかい。
面倒くさかったけどできたので公開!



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-23

『Chikirinの日記の育て方』の書評

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Chikirinの日記の育て方」を読んでみた感想




以前、有名なブロガーであるChikirinさんの記事を読んだことがあったんです。
ちょうど就活生だったこともあって、「大企業だから成長できるとか完全にウソ」という記事だったと思うんですけど、そこで少し気になっていたんですね。(影響されているのかは別にベンチャーに就職しました)

昨日Kindle Unlimitedに登録したんですけど、ふと「Chikirinの日記の育て方」というタイトルが出てきたので、すかさずぽちっと読んでみました。Chikirinさんがブログをどう運営しているかということについて書いてある本でした。

分量も少ないので、通勤2時間で読み終えられる量でしたが、さすが考え抜かれているなあと思う箇所がたくさんありました。ということで感想。





スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-22

東京都の市区町村別10年間の合計特殊出生率

このエントリーをはてなブックマークに追加

出生数が減っているらしい


日経新聞の記事『出生数、初の100万人割れへ 少子化止まらず』という記事がバズっていますね。
出生数、初の100万人割れへ 少子化止まらず

2016年生まれの子どもの数が100万人の大台を1899年の統計開始以降で初めて割り込む。98万~99万人程度になる見通しだ。20~30代の人口減少に加え、子育てにかかる経済的な負担から第2子を産む夫婦が減っており、少子化の進行が改めて浮き彫りになった。社会保障制度を維持していくためにも、政府の人口減対策や子育て支援の充実が一段と重要になっている。
引用)日本経済新聞

じゃあ合計特殊出生率は?Tableauで見てみよう!


二人目を生む人が少なくなっているらしいです。

これ、実際どういう人たちが二人目を産まなくなっているんでしょうか。




スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-21

【あ、社会の闇だ】~ICUのGPA高いマンは内定しやすいのか~

このエントリーをはてなブックマークに追加

GPAと就活


こんにちは。
就職活動が終わったと同時に、GPA1.0を2回連続で下回り、危うく学歴がはく奪されそうになっていたDAIです。





そんな僕にとってとてもホットなキーワードGPA
GPAといえば、就活に関係あるのかって気になりますよね。

2013年の東洋経済の記事によると、大手企業でもGPA=成績を見るというニュースがありました。


これが就活で成績を活用する企業だ

http://toyokeizai.net/articles/-/25571

一方、前回の記事では、企業がだんだんと成績を見ないようになってきたとご紹介しました。


消えゆく職業、これから消える職業を見たら、公教育は時代の要請からかけ離れすぎていた

http://review-of-my-life.blogspot.jp/2016/12/out-of-date.html


今回は、就活にGPAは関係するのかをゆるっと見ていきます。

以前適当にアンケートとったICU生調査を分析します。



スポンサーリンク

【学習効率性について考えてみた】積み上げ式か、掘り下げ式か

このエントリーをはてなブックマークに追加
学習効率性について、思ったことをつらつらと。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-20

Tableau:時系列データを利用して、市区町村データを動的に見せる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、データ解析が楽しくてたまらないDaiでございます。

さて、Tableauを使って、市区町村データを色塗りマップ表示する方法を前回調べました。

これを、さらに地域ごとの変化を時系列で動的に見れたら、もっと広い分析ができそうです。

そこで今回は、色塗りマップを時系列データを利用して、動的に見せる方法をご紹介します。

完成図はこちらです。






スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-18

【Tableauの使い方】初心者でもできる、市区町村ごとに地図に色を塗る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Tableauを使って、市町村データを分析してみた



さて、Tableauで地理情報を利用して、色塗りマップを作製することができます。今現在利用できるのは下記の4つの方法があります。

  1. 国、都道府県情報(デフォルトで利用できます)
  2. 緯度・経度情報(データに緯度と経度を追加すると利用できます)
  3. 郵便番号情報(デフォルトで利用できます。日本だと上3桁までなら利用できます)
  4. 市区町村ポリゴンデータ


都道府県ではデフォルトで地域ごとに色塗りすることができるTableauですが、市区町村レベルになるとまだできないみたいです。(例 世田谷区等)
前回のアップデートで郵便番号に対応しましたが、郵便番号を使って市区町村別に見たい時に、郵便番号が重複して分析ができませんでした。


そこで、今回はTableauを使って、市区町村ポリゴンデータをもとにマップの色塗りをする方法をご紹介したいと思います。


例題として、東京都の私立中学校進学率と家賃平均を市区町村ごとに色ぬりマップで表示してみました。完成したマップはこちら。







これの作り方について解説します。


スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-17

本当に行きたい志望校を見つけるたった一つの方 法

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に行きたい志望校を見つけるたった一つの方 法

大学生の時に志望校選びで悩んでいた昔の僕みたいな人に向けて書いています。どうしtら本当に行きたい大学を選べるのかについて解説します。


目次

- あなたにとって偏差値とはなんのためにありますか?
- みんなにとってのベストな唯一解は進路選びにはない


スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-15

教育社会学のおすすめの書籍5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも教育社会学とは何か?


教育社会学は、教育をべき論や実践ではなく、教育が実際に実際どうなっているかを客観的に分析する学問です。



スポンサーリンク

消えゆく職業、これから消える職業を見たら、公教育は時代の要請からかけ離れすぎていた

このエントリーをはてなブックマークに追加

これから消える職業を見たら、公教育は時代の要請からかけ離れすぎていました。
「前例のない課題」を解決する能力が必要とされている現代で、公教育は変わってきたのでしょうか。今回は、公教育と職業についてみていきたいと思います。

目次


  • ここ15年で増えた職業、なくなった職業は?
  • これからなくなる職業、生き残る職業は?
  • これから残る職業と、これからなくなる職業の違い
  • 日本の教育は申し分ないほど「前例ある状況=正解がある状況」で素早く答えを見出す能力を築き上げた
  • 企業需要と教育供給のギャップ
  • 「前例なき課題」に対して協力して挑む姿勢は、公教育では手に入らない



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-14

「統計学を数学のカリキュラムの頂点にしろよ」という主張に感動した2つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
『アーサー・ベンジャミン:数学の教育を変えるための公式』というTed Talksの動画を見ました。
微積分じゃなくて統計学をカリキュラムの頂点にしろという主張がとてもええなあと思ったので、要約と感想を書いておきます。



スポンサーリンク

【教育格差】データで見たら、人生は想像以上にただの課金ゲーだった話

このエントリーをはてなブックマークに追加

教育格差の再生産:人生は想像以上にただの課金ゲーだった話




このブログでは、今まで様々な教育データを分析して、地域格差、教員格差、通塾格差、学校間格差、大学格差を見てきました。そして、たった一つの真実に気づいてしまったのです。


人生はただの課金ゲーであり、そしてほとんどの人が課金ゲーだと知らない不平等なクソゲーだということを。

目次


  • 平等というベールにつつまれた格差社会・日本
  • 生まれた地域で人生の難易度が決まる
    • 家賃相場と私立中学校進学率
    • 私立中学校進学率といじめの発生率
    • 私立中学校進学率とSAPIXの数
  • 地域環境がなくとも受験させて金をぶち込めば学習環境は買える
    • 私立国立小学校の生徒の一日当たりの勉強時間は、公立より圧倒的に多い
    • 私立国立小学校の生徒の一日当たりの読書時間は、公立より圧倒的に多い
    • 私立国立小学校の生徒の一日当たりの新聞を読む頻度は、公立より圧倒的に多い
    • 私立国立小学校には、院卒・教員養成大学出身の先生が多い
    • 私立国立小学校は、発展的な授業が多い
    • 私立国立小学校は、学力が高い
    • 私立国立小学校は、先生が授業をやりやすい
    • 私立国立小学校の親は、圧倒的に教育投資をする
    • 受験という課金で、レア教師、課金された友達、親を手に入れられる
  • 一流大学に入る確率が高いのは、私立中学校受験組
  • 一流大学に入る親も、教育投資されていた
  • 教育は課金しててもばれないどころか、勝手に遺伝だと思ってくれる
  • 学力は遺伝より環境が大きいと証明した研究もある
  • 裕福な親が、貧乏の親よりも教育投資をする、たった一つの理由
    • 教育の問題は、自分の教育経験を一般化しようとすること
    • 受け入れたくない、子供の教育は課金ゲーだという不都合な真実




スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-12

【小学校教師の年収格差】公立・私立・国立小学校先生の年収と学歴に差はあるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

公立・私立・国立小学校の先生の実態とは





この記事を見られた方の中には、小学校教員を志望されている方もいらっしゃると思います。年収によって、どこの小学校に勤務するかお悩みかもしれません。

今回は、学校教員統計調査を利用して、教員の学歴、年収についてみていきます。



スポンサーリンク

営業初心者におすすめの書籍4選

このエントリーをはてなブックマークに追加

営業初心者におすすめの書籍を選んでみた



BtoCの営業を担当していて
「雑談のネタがない」
「商品説明はできるけど、売れない」
「お客さんのニーズが汲み取れない」
「クロージングに行くまでに、何を話したらいいか分からない」
「件数は取れるようになったけど、連続的にはとれない」
「クロージングをしても、最後になぜか断られる」


どれか一つでも当てはまっていたら、以下の本をぜひ読んでみてください。
上から順に読んでいくことをお勧めします。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-08

小学校受験はさせるべき? 小学校受験のメリットをデータ分析してみた ー私立・国立小学校の教育の実態ー

このエントリーをはてなブックマークに追加

私立小学校、国立小学校はどんな教育なのか



前回は、子供、親の教育の質をもとに、私立、国立小学校の教育についてみてきました。

http://review-of-my-life.blogspot.jp/2016/12/shogakujukenkids.html

今回は、学校自体の教育環境を見てみたいと思います。



スポンサーリンク

【DeNAのWelq炎上問題】 嘘を嘘と見抜けない人にインターネットを使うのは難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝ニュースでDeNAのWelq炎上問題を特集していて、思ったことをつらつらと書いていきます。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-07

小学校受験はさせるべき?小学校受験のメリットを考えてみた その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校受験をさせるメリットはあるのか



小学校受験をさせたほうがいいのでしょうか。

小学生までは、自由な時間を与えたいから公立学校でよいという親御さんも多いと思います。小学受験は賛否両論がありますよね。真相はいかに。今回はそれを見ていきます。



スポンサーリンク

『やり抜く力(アンジェラ・ダックワース)』を読んでみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく、勉強が苦手な人で、こういうことを言う人がいます。

「いくら努力しても、結局もともと能力がなければうまくいかない!」
「そんな勉強なんてできるようにならない!」
「理系のセンスがないから、数学はできない!」

これは本当なのでしょうか。


答えはNOです。この問いには実は科学で正確な答えがでています。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-12-01

『学力と階層(刈谷剛彦)』ゆとり教育が格差を拡げた?

このエントリーをはてなブックマークに追加

『学力と階層』を読んでみました



「勉強は生まれによって大きく有利不利が変わる」ということは聞いたことはないでしょうか。教育社会学では、教育格差という問題を長年研究してきました。今回は教育社会学の第一人者、刈谷先生の『学力と階層』を読んでみました。


学力と階層
学力と階層
posted with amazlet at 17.08.20
朝日新聞出版 (2012-08-01)
売り上げランキング: 86,688


学習資本」の階層差がますます拡大する日本の教育。これまで見落とされてきた「出身階層」という社会的条件の違いが子どもたちにもたらす決定的な差について豊富なデータをもとに検証する。子どもたちの「教育格差」の背景には家庭環境が反映していることを実証的に明かし、1990年代以降、迷走を続けた日本の教育政策の弊害を指摘する。深部で進む「教育の地殻変動」に学力問題の第一人者が説く処方箋。解説・内田樹。
(目次から)1章 階層で学力が決まるのか、学力が階層を作るのか/2章 義務教育の機会は平等に保たれているか/3章 これが教員勤務の実態だ―学校週5日制完全実施後の「教員勤務実態」調査報告から/4章 教育政策をめぐる論点、論争/5章 教育の綻びをどう修正したらいいか(Amazonより)
となってます。またまた面白かったところの要約と感想を書いていきます。


目次


・階層による学力格差がすさまじい
・ゆとり教育が学力格差を広げた
・ゆとり教育の主体者である教員自体がゆとり教育に反対の人が多かった
・平等か、規制緩和による教育の質の向上か
・知識だけではなく、やる気がものをいう学習資本主義社会へ
・最後に



スポンサーリンク

【書評】『サイコパス(中野信子)』の要点をまとめました

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイコパス読んでみました。


サイコパスって、普段日常会話で「あのひとサイコパスっぽいよね~」と話すことはあるんですけど、実際にどういう特徴があるのかだったり、学術的な議論がどうなっているの気になっていました。

そこで、脳科学者中野信子さんの『サイコパス』という文庫を読んでみました。中野さんのプロフィールはこちら。

1998年東京大学工学部応用化学科卒業後、東京大学大学院工学系研究科修士課程、2004年東京大学大学院医学系研究科医科学専攻修士課程修了、2008年東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。博士論文「高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構 fMRI・TMSによる複合的検討」で医学博士号取得[1]。
2008年から2010年まで、フランス国立研究所ニューロスピン(NeuroSpin。高磁場MRI研究センター)に博士研究員として勤務。2013年から東日本国際大学客員教授。


心理学、脳科学、社会学等さまざまな視点からサイコパスを見ていて面白かった!Kindleで800円でした。(画像を押すとアマゾンの書評ページに飛びます。)




アマゾンの紹介文だと

平気でウソをつき、罪悪感ゼロ……そんな「あの人」の脳には秘密があった!
外見はクールで魅力的。会話やプレゼンテーションも抜群に面白い。
しかし、じつはトンでもないウソつきである。不正や捏造が露見しても、
まったく恥じることなく平然としている。
ときには、あたかも自分が被害者であるかのようにふるまう。
残虐な殺人や善良な人を陥れる犯罪を冷静沈着に遂行する。
他人を利用することに長け、人の痛みなどこれっぽっちも感じない。
――昨今、こうした人物が世間を騒がせています。しかも、この種の人々を
擁護する人も少なくありません。そうした人物は高い確率で「サイコパス」なのです。

もともと「サイコパス」とは連続殺人鬼などの反社会的な人格を説明するために
開発された診断上の概念です。しかし精神医学ではいまだ明確なカテゴリーに
分類されておらず、誤ったイメージやぼんやりとした印象が流布していました。
ところが近年、脳科学の劇的な進歩により、サイコパスの正体が徐々に明らかになっています。
脳内の器質のうち、他者に対する共感性や「痛み」を認識する部分の働きが、
一般人とサイコパスとされる人々では大きく違うことがわかってきたのです。
しかも、サイコパスとは必ずしも冷酷で残虐な犯罪者ばかりではないのです。
大企業のCEO、政治家、弁護士、外科医など、大胆な決断をしなければならない職業の人に
サイコパシー傾向の高い人が多いという研究結果もあります。
こんな感じに紹介してありました。

実際に読んでみて、興味深かった内容、考えさせられた内容を要約しつつ、感想をまとめておきます。

まとめ

  1. サイコパスは相手の感情が理解できないわけではない
  2. サイコパスは恐怖を感じないからこそ、合理的でルールハックな選択ができる
  3. サイコパスと疑われる有名人は
  4. サイコパスは遺伝か環境か
  5. サイコパスはなぜ魅力的なのか
  6. サイコパスは人類には必要な存在だった
  7. サイコパスに罰は通用しないから、別の枠組みが必要


スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-30

受験生に大学に入る前に読んでほしい記事10選

このエントリーをはてなブックマークに追加
受験生に、進路を選ぶ際に読んでほしい記事をまとめてみました。


スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-28

Yahoo知恵袋で見つけたICU関連の質問と参考になるサイトの紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
受験生のみなさん、ICUに関係したYahoo知恵袋の質問に何個か回答しています。ジャンルごとに分けてリンクを張っておきますね。あと、質問に関して思ったことを書いておきます。

難易度について

難易度ですが、一般的な試験問題ではないので、得意科目によっては向き不向きはあると思います。マーチ全部落ちる人でもICUに受かることもあります。
なにはともあれ、まずは過去問を見てください。どうしても気になればまず解いてみて、自分の得点を見てみて下さい。過去問は、ICUの公式ページに今年分はおそらくはあると思います。もしなければ、東進ハイスクールの過去問データベースを確認してみてください。

また、新しい総合教養対策に関しては、こちらを参考にしてください。

新一般入試科目「総合教養(ATLAS)」、 その傾向と対策は?

就職について


就職先については、公式ホームページにありますので是非ご参考にしてください。
業界的に強いのは、コンサルティングみたいです。学生数が少ないので、割合としてはほかの早慶上智よりも多いのではないでしょうか。

志望理由について


ICUの志望理由については、以前私が調査した記事を参考にしていただけるといいでしょう。
【ICU生に聞いた】受験時の志望動機と現状について

どっちがいい系の質問は、正直何をしたいかによります。
大学選びに悩んでいる場合は、こちらを見てみてください。


【大学受験を控える受験生へ】本当に行きたい志望校を見つけるたった一つの方 法

勉強法について

実際のキャンパスライフについて

番外編)中の人から見て参考になりそうなサイト

結構適格です。学生生活どんな感じなのかわかると思います。
このブログも卒業生が書いているブログですね。

ICU専門予備校のブログとホームページです。

スポンサーリンク

いじめが多い地域はどこ?市区町村、私立、国立、公立小学校と中学校のいじめを比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰がいじめっ子になるのか



教育学の中だと、いじめだったり犯罪だったり、そういうことは遺伝よりも環境が原因だと言われています。特に犯罪に関しては、貧困だったり教育が原因だったりします。詳しくは、以前の記事で解説した、ペリー幼稚園プロジェクトをご覧ください。

簡単に言うと、幼児期だけ最高品質の幼児教育を受けたスラム街のアフリカ系アメリカ人は受けなかった人たちよりも犯罪率が減ったり所得が上がったりしていますよ~という調査です。

つまり、教育の有無で犯罪率が変わってしまうのです。ならばいじめはどうでしょうか。

目次

  • 東京都の市区町村別いじめの発生率の関係
  • 公立小学校・私立小学校・国立小学校のいじめ発生率の関係
    • いじめを認知した小学校の割合
    • 小学校1校あたりのいじめ認知件数
  • 中学校1校あたりのいじめ認知件数
    • いじめを認知した中学校の割合
  • なぜこのようなデータに?
    • いじめは環境が規定する。環境を選ぶには金が必要
  • まとめ




スポンサーリンク

『ピンチに勝てる脳(茂木健一郎)』の要点をまとめました

このエントリーをはてなブックマークに追加
茂木健一郎さんの本は以前に一度読んだことがあったのですが、今回は『ピンチに勝てる脳』という本を読んでみました。特に印象に残った部分を忘備録として要約と感想をメモしておきます。


ピンチに勝てる脳 (集英社文庫)
集英社 (2014-06-06)
売り上げランキング: 169,101



スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-25

【データで見る】 少子化の原因は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ少子化になるのか




なぜ、少子化になるのでしょうか。原因はなんでしょうか。若者の性欲不足?草食化?

そこで今回は、都市部の少子化問題の現状と問題について見ていきたいと思います。

結論から言うと少子化問題は東京全体で起こっているのではありません。少子化が特に進んでいるのは都市部です。大都市は子供を育てにくく、高学歴層に晩婚化が進んでいて、合計特殊出生率(女性一人あたりが一生に出産する数)を下げているからなのです。

順にデータを見ていきましょう。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-22

【地域間格差】東京都の家賃相場、国立中学校進学率、私立中学校進学率を比較してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

国立中学校進学率、私立中学校進学率の比較



平成27年(2015年)の東京都の市区町村データを利用して、国立中学校と私立中学校進学率を出して、散布図にしてみました。





引用)平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の結果について

相関係数は0.88と非常に高いですね。特に文京区は、国立が1.6%、私立が40%と非常に高いです。
町全体の教育関心がおそろしいですね。知り合いが文京区の教育支援を行っていますが、公立中学生の意識が受験一色だったと話してくれましたが、確かにこれだけ周りに教育への意識が高い人がいれば、うなづけます。

家賃相場と、国立中学校進学率の比較

さて、そのような国立中学校進学率が高い地域は、それなりに裕福ではないと子供の学費を準備できないと思います。ここでは、その裕福さを表す指標として、家賃を見てみます。
家賃と国立中学校進学比率を散布図にしてみました。





引用)3LDK・4K・4DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表

こちらも相関係数が0.77と非常に高いですね。家賃が高くなればなるほど、その地域の国立中学校への進学率は増大するみたいです。

家賃相場と、私立中学校進学率の比較


おなじように、今度は家賃相場と、私立中学校進学率の比較を行いました。またもや散布図にしてみました。国立中学校進学率と比較してどう変わるんでしょうか。



引用)平成27年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の結果について
引用)3LDK・4K・4DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表


より直線に近くなっていますね。相関係数は0.87と、国立中学校進学率よりも大きくなっていることから、家賃と私立中学校への進学率がより密接に関係していることが見て取れます。国立よりもよりお金がかかる私立だからでしょうか。

私立、国立進学率の高い地域について

読売onlineの大手小町というページで、「文京区に住んでみたい」という投稿がありました。

回答者の方の引用ですが

>文京区内で娘二人育てていますが、幼稚園のころから、ピアノ、バレエ、公文に通っていました。まわりではしごくあたりまえです。幼稚園、小学校のいわゆるお受験も珍しくありません。
我が家は公立小学校でしたが、中学受験はあたりまえ。学年の三分の二くらいの人が国公立又は私立に進学します。娘たちも親が勧める前に中学は受験するものと思ってたようで私立に進学しました。
もちろん、習いごともせず受験しないお子さんも中にはいますが、みんなと同じようにと思ったら、スイミング、ピアノ、バレエは当たり前、公文をはじめ進学塾にも早くから通わせることになります。
ほかにもYahoo知恵袋からですが、「文京区や千代田区、港区などは小学校受験する人が多数派というのは本当でしょうか?」という投稿がありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1084600590

質問者の方が
文京区や千代田区、港区などは小学校受験する人が多数派というのは本当でしょうか?
仕事で知り合った人が「お受験が当たり前って感じで、小学校までならまだしも、
中学や高校が公立だと
お金ないとか親が教育熱心じゃないとか思われる風潮があるよ」と言っていました;
と質問していましたが、それにたいして

中学校受験は普通というか当たり前です。小学校のクラスのほとんどが受験して半数ぐらいが私立の学校に行きました。私の家は特にお金持ちでもなく、教育熱心な家庭でもありませんでしたが、私立中学校に行きました。兄弟3人ともです。その土地の習慣みたいな感じです。
今は、そこを離れていますが、習慣的な感覚として身についているので自分の子どもも私立中学に進学させました。主人は地方の人だったので、?って感じでだったので逆に私が驚きました。 

と回答していました。

子供からしたら、「学校のお友達がみんな受験するから、受験するのが当たり前!」というような認識なんでしょう。この投稿をみて、私立中学校にお子さんを入学させる親御さんが、「よい教育環境を与えたい」と口をそろえていうのを思い出しました。いい場所に住むということは、つまりはよい教育環境を準備するということと等しいのかもしれません。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-18

平均、偏差、偏差平方和、分散、標準偏差をエクセルを使ってわかりやすく解説するよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

統計学の基礎:平均・偏差・偏差平方和・分散・標準偏差を解説するよ!


「ど文系で数学1A、2Bすらできない!シグマわかんない!だけど大学では統計を使う必要があって・・・・大学って基本的に高校レベルの内容クリアしてるの前提だからめっちゃムズイ!死ぬ!」って人向けに、中学生レベルにまで落として、統計の基礎を学習できるよう書きました。


内容的には、平均、偏差、偏差平方和、分散、標準偏差あたりをカバーします。このへんの言葉聞いて「?」って人は読んでください。


エクセルを使います。実際にこのページ通り数字入力しながらやると、直観的にわかると思います。初めてエクセル使う人でもわかるように書いたつもりです。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-11

ペリー幼稚園プログラム(Perry Preschool Project)についてわかりやすくまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児教育の経済学:ペリー幼稚園実証研究について 



最近読んだ本で、『学力の経済学』と『保育園義務教育化』がとっても面白かったのですが、そこで紹介されていた、幼児教育の教育実験に非常に興味を持ったので、いろいろ調べてみました!


ひとまず探したところ、(1)ペリー幼稚園プロジェクト、(2)アベセダリアン・プロジェクト、(3)マシュマロ実験があったので、今回では特に有名な、ペリー幼稚園プロジェクトについて調べてみようかと思います。



スポンサーリンク

『保育園義務教育化(古市憲寿 )』もし保育園を義務教育化をすると、日本はこうなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『保育園義務教育化』を読んでみました。






保育園に当たり前に落ちる日本で、もし保育園を義務教育化したらどうなるのか


都内では、保育活動と呼ばれる壮絶な幼稚園探しで多くのお母さん、お父さんが苦戦しています。保育園がなくて仕事をやめなければいけないお母さんもたくさんいますね。


もし保育園を義務教育化したら、日本はどうかわるのでしょうか。
今回は社会学者の古市さんによる、『保育園義務教育化』という本を読んで、まとめてみます。


スポンサーリンク

公開日 : 2016-11-04

【ICU生100人に聞いてみた】親の学歴と職業について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICU生の親の学歴と職業について

今回は、ICU生の親の学歴と職業について調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

公開日 : 2016-07-21

おすすめEdtechサービス3選

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近使ってよかった教育Webサービス・アプリ



さて、今回は無料で使える教育Webサービス、アプリについて、実体験に基づいてレビューしていきます。いろんな教育サービスが出ていますが特によかったものだけ、ご紹介しますね!



スポンサーリンク

公開日 : 2016-05-21

【ICU生に聞いた】受験時の志望動機と現状について①

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、ICUに入学したのか

今ICUに受験を考えられている受験生も多くいらっしゃると思います。
そこで、ICUに入学した動機についてアンケートを取ってみました!



スポンサーリンク

【ICU生に聞いた】受験時の志望動機と現状について③ まとめ編

このエントリーをはてなブックマークに追加
さて、みんなの意見をたくさん見てきましたが、まとめてつらつらとICUの生活を振り返ってコメントしてみます。



スポンサーリンク

【ICU生に聞いた】受験時の志望動機と現状について② 調査結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査結果どうだった~?

さて、以下の質問をまたまたアンケート形式にして、ICU生に協力してもらいました。マジで文字数多いのに手伝ってもらえて感謝感激。今回は25人の回答を得られましたよー!質問したのは以下の内容でーす!



スポンサーリンク

公開日 : 2016-05-13

学歴フィルターを使うこと自体、企業に責任はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
採用視点シリーズ。学歴フィルターについて、ちょうど被採用側なので、思ったことを書いていきます。タイトルもあえて挑戦的にしました。批判が殺到しそうなので、最後まで記事を読んでくれた上で、批判してくさるとうれしいです。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-05-07

なぜ人は「ヘンな人」になろうとするのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日のテーマは「本当にヘンな人」と「ヘンになろうとする人」の違いについてです。


crazy-emoticon-236.jpg (940×492)


てか、なんでそんなしょーもないこと気になったの?


ひまではないです。が、気になってほかのことに集中できなくなってきたからです。
疑問に思った理由は、「あえてヘンになろうとしている人ほど、普通な人が多いのはなんでだろう」と思ったからです。

逆に本当にヘンな人はもともとヘンで、特にあえてヘンになろうとする努力をしなくてもヘンじゃないですか。
「なぜ普通な人はあえてヘンになろうとするのか」って謎だなって思って。直感的には思うんですけど、ロジックに落とし込むとなかなか説明が難しい・・・・



スポンサーリンク

公開日 : 2016-05-04

大学に行くメリットとは何か本気出して考えてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
そもそも大学に行く意味はあるのか?




そもそも大学に行く意味はあるのでしょうか。僕は中学生のころ、大学に行く理由がわからなかったです。大学には行くべきか、行かないべき?4年間大学に行って気づいた、大学に行く理由とメリットを4つご紹介します。

目次

  • 大学に行くメリット① 年収が上がる
  • 大学に行くメリット② 自己実現の選択肢を見つけることができる
  • 大学で得られる3つの選択肢を増やすカギは①大学という学習環境、②人間関係、③自由に使える時間
    • ①大学が提供する「学習環境」とは「コンテンツ」と「義務的学習空間」
      • 「コンテンツ」よりも大事なのは、「義務的学習空間」
    • ②大学でえられる「人間関係」から、多様性にもまれて自分を見つけよう
    • ③大学が提供する「自由に使える時間」を使って、いろいろな選択肢を試してみよう
  • いろいろなものを試して、本当にやりたいことを見つけられるのが大学の4年間


スポンサーリンク

公開日 : 2016-05-02

【卒論の関心】塾が学校に与える影響について

このエントリーをはてなブックマークに追加

卒論の関心




そろそろ卒論書くシーズンなので、問題意識とかコンセプトマップに落とし込みます。でもその前に、自分の問題意識をぶちまけておいて後で戻る位置を明確にしておきます。そんでもって問題意識と初期仮設ぼぼ~んと書いておきます。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-05-01

ICUの偏差値は高いの?ICU生の偏差値と、ICU生が受験した大学の合否を調べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICU生の偏差値は?


最近、夜会でも取り上げられた、国際基督教大学(ICU)の偏差値はどうなっているのでしょうか。ICUといえば、一般的な入試科目とは大きく異なり、暗記型の学習では太刀打ちできないことで有名です。


実際のところ、入試方法がまったく異なるので、正確な偏差値を出すことは非常に困難ですし、各塾ごとに偏差値は異なりますが、塾ごとにおおよその目安を出してみました。


>スポンサーリンク


  • 河合塾の偏差値:おおよそ65.5
  • ベネッセの偏差値:75.0
  • 駿台の偏差値:62.0

おおよそ偏差値は70くらい。まあまあ高いみたいですね。最近聞いた話だと、佳子様が入って入試倍率が上がって偏差値が上がったとか。河合塾によると、

河合塾によれば、国際基督教大学の予想入試難易度による偏差値は62.5。
私立の総合・環境・情報・人間学系の偏差値では、ICUより上の大学は慶應の総合政策、環境情報学部、早稲田の文化構想学部の3科目受験、人間科学学部の人間環境科学のA入試と、人間情報科学のA入試の5つのみとなっており、私立の最上位学校として位置付けても良い位置になっている。

これが全国でどのくらいのレベルかというと、
私立大学文系の学部別ランキングでは、「5位」に相当します。
トップが慶応義塾大学の文学部(偏差値80)、
つづいて早稲田大学の文学部と文化構想学部(偏差値79)、
立教大学異文化コミュニケーション学部(偏差値77)、
そして国際基督教大学教養学部です。 

らしいですね。結構難しいらしいです。


ICU生の併願校ってどこだったのか?


さて、それではICUに合格した人たちは、受験生の時にどこを併願校に選んでいたのでしょうか。


筆者自身は、上智大学英文科(不合格)・上智大学哲学科(合格)・獨協大学英文科(合格)・中央大学総合政策学科(合格)・立教文学部哲学科(合格)を受けました。


そこで今回は、実際にいるICU生がどんな志望校だったのか、アンケートをとってみました。



スポンサーリンク

公開日 : 2016-04-14

ICUで教職をとるメリットとデメリットについて考えてみたよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

teacher_man.png (948×572)



さて、ICUで教職をとるメリットとデメリットについて書いていきます。あくまでも僕個人の感想だし、僕は最後まで教職をとり続けなかったので、あんまり鵜呑みにはしないでください。だけど、3年間半とICU近所の中学校での放課後授業、2年間の塾講師での集団講師の経験も一応あるので、そして、「教える」ということは常に考え続けてきたので、ある程度参考にはなると思います。




スポンサーリンク

ICU生は塾・予備校に行ってたの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICU生は塾・予備校に行ってたの?



ICUは入試問題が特殊ですよね。「ICU専門の塾に行かないと受からないよ!」と言われた人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、現役ICU生100人に「受験生の時、どんな塾に行っていたか」を調査してみたいと思います



スポンサーリンク

公開日 : 2016-04-12

【ICUの教職・教育学に興味ある人必見】〜①教職・教育学を履修する人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

入学当初の自分



履修登録も終わり、
一年生もELAが始まったころだと
思います。



この時期に教職課程や、教育学の授業を
取られる人も多いですよね。
とるかどうか迷ったりとか




でも、教職とか、教育学って
あんまり情報がないと思うんですよね。

だから
あんまりイメージつかないと思うんですよね。



教職って大変なの?
教育学って、先生になるための学問なの?
教職ってどんなこと勉強するの?



そんなことを漠然と思いながら、
履修登録していた気がします。



ちなみに僕の自己紹介をしますと
ICU4年、教育学を専攻しています。



入学理由は、


「英語の先生になること」でした。



僕自身、小学生まで一切勉強しなかったんです。
だからいつも漢字テストは50点。
いまだに小数の掛け算がよくわかりません。



だけど、両親がミュージシャンだったこともあり、
子供のころから洋楽は大好きでした。
中学生に上がったことはひたすら大好きな
Linkin Parkの歌詞をそれは毎日一曲くらい
暗記して歌えるようにしていました。



「勉強をしている気はなかったのに、
勉強ができるようになっていた」



中1のときに中3の英語の内容が分かるようになってました。
それは本当に自分の中で嬉しかったです。


結局高校時代も最後まで英語で逃げ切り、
日本語と英語が読めるICUに
入ることができました。



だけど世の中には
僕が数学が大の苦手なのと
同様に、英語が苦手な人が多いなと
思ったんですよね。特に高校時代。



だから自分は、



「だれもができなかった、勉強を勉強だと思わず、
自然と学びたくなるような、面白い授業をやろう」



という意気込みで、いろんな教職課程のある大学を受けていました。



他にも上智の英文科、獨協の英語科に合格していましたが、英語でトップクラスのICUで英語を学べば、きっとおもろい授業もできると思い入学しました。

で、今現在は?




そして、3年の冬まで教職課程を履修していましたが、
いろんなことを経験するうちに、
先生以外の選択肢を今は考えています。



それまで、


中学校の教員になろう!
バンドで食っていこう!
教育社会学者になろう!



なんてことを人生の岐路で結構まじめに
考えていましたが。



今は就職活動中です。



よく、周りの友達には
「3年間取り続けたなら、全部取りきってしまえばいいじゃん、もったいないよ」
と言われますが、
自分の夢ではもはやなくなった教職課程を、保険のために取ることは
ないと思い、履修することをやめました。



何はともあれ、
教職課程を履修してきたこと自体、
僕は最善の選択だったと思っています。


教職課程をとると、教育×〇〇という形で、教育を軸にリベラルアーツができるようになります。
というのも、教職は例えば「教育心理学」、「教育の場社会的基礎(教育社会学)」、「コンピュータと教育(教育工学)」など、様々な範囲が学習し、「教育」という
ドメインを考察することができるからです。




教職を取っていたからこそ、
今の自分の考え方があると思っております。



私自身、教育学専攻として、また教職課程をとってきたので、
今までとってきたもののほとんどが教職、教育学の授業でした。




これからの連載では、教職と教育学を履修してきた身から




「教育学」ってどんなんなの?
ICUで教職をとる意味は?


などの問いに対してお応えできれば幸いです。


↓次の記事







スポンサーリンク

公開日 : 2016-01-06

ICUの学費とICU生の通っていた小学校、中学校、高校を見たら、お金持ちばかりだった話

このエントリーをはてなブックマークに追加
問題意識


ここ最近、友人が言っていて、気になっていたことがあった。
「ICUはお金持ちの息子、娘ばかりで、田舎出身の荒れた公立中学校のことなんて知らないだろう。きっと金持ちの子どもばっかりが来ているんだ。」と。


確かに!その可能性はある!と思って、それならまず金持ちしか入れないICUとはどんな学校やと調べてみた。


まず、学生数はかなり少ない。各学年、600人前後である。(2012年だけなぜか多いが)
全学年で2613人と、大学としてはかなり小規模だ。
ちなみに、男女比は約1:2で、入学前は「彼女が2人できる計算だ」とはしゃいでいたが、キモオタになってしまったのはどこから間違えてしまったのだろうか。











次に学費はなんぼかと調べてみた。まず、ICUは「学費の森」と呼ばれているほど(自分が勝手に呼んでいるだけだけど)、学費が高額である。


ICUのホームページを参照して集計した結果、4年間卒業するために、授業料、施設費、入学金等合計で大体600万円かかるのである。これに、教材費、寮費などを合わせると、もっと高額ははずだ。









ちなみに、早稲田国際教養は同じように、約600万円の学費がかかるようだ。










相対的にどれくらい高いかは比較対象を探すのが面倒なので割愛するが、確かに、学費はかなり高い。そして、その大学に入れられるということはかなり裕福な家庭の出身者が多いのではないのかと考えられる。





だが、僕がさらに興味を持ったのはこの発言の帰結として、
それゆえ、ICUに入る人は所得の高いエリート階層の人ばかりである」ということが考えられることだ。





なんだか自分の専門の教育社会学の主要なテーマである、階層の再生産論に近いものを感じるなと思い、気になってしまった。




教育社会学では、階層の再生産理論をいかのように説明している。




教育社会学では、学校の役割を正当化、選抜・配分、社会化の3つの機能があるとしている。

まず、かつての、生まれがすべての地位を決定する貴族政治(アリストクラシー)から、国民国家の成立と同時に近代学校制度を導入することによって、すべての国民がその階級に関係なく平等に教育を受けられるという、機会の平等を保証することができるようになった。その結果、かつての江戸時代のような士農工商のような世襲制の属性的地位から、近代学校制度を導入することによって、その学校という選抜機関の中で、各々が持つ能力と、
それを伸ばす努力をすることによって、後天的に身に着けた個人の社会的メリット(業績的地位)に応じて選抜され、特定の階層に配分されていくという、平等な仕組みが出来上がった。




この、メリットによる選抜機構を持つ社会を、社会学者マイケル・ヤングは「メリトクラシー」と呼んだ。





一方で、このメリトクラシー社会は実際には、努力や能力どうこうよりも、生まれ持った環境に大きく左右されるという批判がある。





たとえば、お茶の水大学の耳塚教授によると、都心部の通塾家庭と、都心部の非通塾家庭を比較した際に、算数の平均点が通塾グループのほうがはるかに高かったという研究や、武蔵野大学講師舞田氏のブログ『データえっせい』によると、東大生の家庭の年収は、50%以上が1000万円以上だということを明らかにしている。




お茶の水大学耳塚教授の記事
http://berd.benesse.jp/berd/center/open/berd/backnumber/2007_08/fea_mimizuka_01.html

武蔵野大学講師舞田敏彦先生のブログ『データえっせい』より
http://tmaita77.blogspot.jp/2015/02/blog-post_2.html




フィリップ・ブラウン氏によると、事実、メリトクラシー社会はあくまでも建前であって、多くの国々は、真のメリトクラシー社会ではなく、親の所得と教育期待によって地位が決まるというペアレントクラシー社会だというのだ。




これは、実は日本だけでなく、世界中で多くの研究がそれを証明しているのである。




子どものころから高所得の家庭で生まれて、よりよい教育(私立小学校・国立小学校、通塾、私立小学校、習い事等)を受けると、その分学力や、教養、つまりしぐさとか、礼儀とか、言葉遣いとか(それをフランスの社会学者ブルデューは文化資本と読んだのだが)そういった恩恵を受け継ぐ。その結果よい大学にうかり、またその教養などの文化資本をもとに就活で成功し、より社会的地位が高い職業につく。




子どものころに投資された人的資本は、家庭の文化資本と相まって、社会に出た際に経済資本に変換されるのである。




そしてその子どもにこの経済資本と文化資本は受け継がれ、社会階層の再生産をしていくのである。





小難しいけど、要は学校は社会を平等にする装置で、そんなかでちゃんと然るべき努力すれば、みんなやればできる、YDKな社会だ!というよく公立の中学校教師が言うような主張に対して、「いや、世の中金だろ。現実見ろよ」という話である。(かなりかいつまむと。)




話を戻そう。





「ICU生はお金持ちの息子、娘ばかりだ」について考えてみる。




仮にこれが正しいのだとすると、ICU生の親は、ICUより、もしくは同程度高学歴で(一応早慶上智ICUと言われている)、高所得層であると思われる。(階級の再生産)




また、親の教育期待も高く、その子息には、一般的な教育以上の教育を受けさせたいと思っていて、例えば私立小学校、中学校、高校にいれたり、中高一貫校の小学校に入れたりさせているのだろうと推測できる。(親の所得+教育期待)




そこで、以下のような仮説を立てることができそうだ。すなわち




・ICU生の親は、ICUと同程度、もしくはそれ以上の学歴の人が多い(階層の再生産)




・ICU生は、公立小学校、公立中学校に行っている人が少なく、逆に私立小学校、私立中学校、私立高校に通わせている場合が多い(親の所得+親の教育期待)




ということで、これを検証しようと思ったので、調査計画を立てていたのだが
これはちゃんとサンプリングしようと思っても、無理ゲーだということに気付いてしまった。




なんせ、新年めでたい時期の1月2日に課題でもなく自主的にやっている気持ち悪いアンケートに答えてくれる友人はいないであろうし、僕は基本的に大学内ではぼっち飯+図書館引きこもりという、社会関係資本低めのアカデミックキモオタなので、かなり多く見積もっても50人程度しかサンプルとれないだろう。サンプル数そんなに取れないだろうから層化抽出法でも使ってみようと思ったので、母集団(ICU生すべて)の特徴を調べようと思ったがICUのホームページに行くと、どの入試で誰が受かっていているかのデータもない。




しかも年始で出会う方法と言えば、調査者のバイアスかかりまくりな方法(私の友達にLineでGoogle FormsのURLを送りまくって拡散してもらったり、Twitter、FacebookでURL拡散してもらったり)という、もはや科学とは程遠いサンプリング手法を使うからだ。





なのでいっそもう開き直って、テレビ番組のアンケート的おおざっぱなサンプリングのノリで、「そこまで厳密じゃなくても、とりあえず僕の周りだけ偏った人(借金抱えまくってる家で、公立校から地道に勉強しまくって、貸与の奨学金多額に利用してICU入りましたみたいな人)ばかりではないでしょう」と仮定して、サンプリングしてみた。(なのでこれは推測統計に似た記述統計にしか過ぎません。)




サンプリング方法は以下の通りだ。

*Twitter/Facebook/Lineを使って、友人経由でGoogle FormのURLを広めてもらう。

*『ICU生のトラッキング調査』というGoogle Formを、対象者を限定したうえで記入してもらう。

*実施日は1月1日深夜から1月3日12時まで。申し遅れましたがあけましておめでとう。

*下記が実際のアンケートフォーム。
https://docs.google.com/forms/d/12Os8VmOm_8cmLOx2GIE8SbABVLF8F5OJL5j4C4KYHI/viewform

*好奇心を抑えきれず社会調査をやる時の鉄則パイロット調査もしないで、すぐにアンケートを配布したので、何個か問題があった。

*まず一つ。奨学金を二つ別に受け取っている人を想定していなかったので、今回はどちらか一つを選んでもらった。

*センター利用に関しても考慮を入れていなかったため、今回は一般入試としていれてもらった。

*サンプル数はご協力のおかげで90回答を得られた。みんなこんなキモオタの趣味に付き合ってくれてありがとう。

*ICU全体人数が、2613人として、そのうちの90回答なので、ICU生の約3%の人が答えてくれた計算になる。母集団反映できているかは極めて怪しいけど。


結果



結果は以下のようなものだった。




1. ICUの入試スタイル




ICUは一般入試が約6割、推薦入試が約4割だった。



もちろん母集団とのずれはあるだろうが、ICUの入試情報を見ても、実際に4割近くは推薦で入っているようなので、母集団と大きな誤差はないだろうと推測できる。他大と比較して検討することが難しいが、それでもこの数字は推薦生が多いことを示している。







2. あなたの通っていた小学校は




受験せずにそのままあがる公立小学校出身の人が約8.5割、他私立小学校出身が1.5割であった。





日本全国から入学してきているので、おそらく地方だと私立小学校や国立小学校は少ないことが原因として推測できる。小学校の時点では、そこまで子どもにたいして教育投資を学校にかけていないことが分かった。習い事とかさせているんだろうけど。









3. あなたの中学校は




今回の調査で一番面白かったのはこの集計結果であった。



一般的な受験なしの公立中学校出身者は51%、私立中学校出身者は42%、受験が必要な国公立中学校出身者は4%で、過半数がなんらかの私立中学校、受験が必要な国立公立中学校出身だということが分かった。




この結果は仮説通りで、中学校で教育投資をしている人が多いことが分かった。(多分入試のために受験勉強とかしているだろうし。)







4. あなたの通っていた高校は




私立高校が約6割、国公立高校は約4割と、やや私立高校出身者が多いことが分かった。



やはり、裕福な家庭が多いのであろうか。






5. 父親(母親)より私の学歴のほうが



父親(母親)よりも学歴が上がったと答えた人の割合が予想を裏回って6割近く、同程度もしくは下がったと感じている人の割合が約4割であった。



意外にも、ICUでは、階層の再生産というよりも、学歴上昇=社会移動が行われているのではないかと推測できる。だがここで問題なのは、低所得層から高所得層への社会移動ではなく、高所得層からさらなる高所得層への社会移動なのかもしれないので、さらなる調査が必要である。多分やんないけど。




6. 奨学金の利用について



奨学金利用者の割合が約2割、非利用者が約8割と、意外にも奨学金利用者自体が少ない。



もし社会移動のために使用されたとなると、奨学金は一定の役割を果たしているということができるので、次に解析したいと思う。まあ多分やんないけど。








さて、ここまで分析してきたので、今度はもっとクロス集計して細かく分析してみようと思う。これにより、さらにトラッキングが分かりやすくなると思われる。





2-1 通っていた高校と入試スタイル



私立高校から一般入試、公立・国公立高校から一般入試がともに30%で、次いで私立高校の指定校推薦が10%、私立高校のAO入試が9%である。



全体から見ると、私立高校からの推薦入試が公立高校からの推薦入試より多いことが分かった。AO入試や指定校推薦は、受験的学力よりも、学校との親和性や、人間力が試されるものであり、これは東京大学院教授本田由紀が、学力+努力を超えた(Hyper)なメリトクラシー、すなはちハイパーメリトクラシー社会の縮図なのではないかとも考察できる。






2-2 通っていた中学校と高校




これも今回データをとっていて、面白いなと思ったところだ。


ICU生のメジャーなトラッキングルートは、私立中学校から私立高校が40%、公立中学校から公立高校が34%、公立中学校から私立高校が17%であった。なんと40%が私立中学校から私立高校へ進学しているのだ。



教育への投資が半端ないのである。なんせ中学校から大学まですべて私立なのである。THE ペアレントクラシーといった感じである。







2-3 奨学金利用者の分布

国公立高校出身の人が奨学金を多く使っているようだ。






2-4 奨学金利用者と親学歴との比較



奨学金利用者と被用者の間で、親学歴とあまり大きな差がなかった。奨学金を利用することで実際に社会移動を促しているかを考えると、謎である。ただ一方で、事実として、奨学金利用者の60%が親学歴よりも高いと感じていることから、奨学金が社会移動に貢献しているのかという仮説を立てられる。今後の調査が必要だ。やんないけど。











調査のまとめ




今回調査で分かったことで面白かったところの要点。これを母集団全体であるICU全体を説明するのはできないかもしれないけど

□ ICUは推薦生が4割!
□ ICU生の約半数が私立中学校出身!
□ ICU生の4割が中学、高校ともに私立出身
□ ICU入学のマジョリティーのルートは、私立公立ともに一般入試、次に私立指定校推薦、次に私立AO入試
□ ICU生の6割が親学歴より高いと回答!




仮説との比較




・ICU生の親は、ICUと同程度、もしくはそれ以上の学歴の人が多い(親の所得)
→そうでもない。むしろ、親より学歴上がっている人の方が多かった。




・ICU生は、公立小学校、公立中学校に行っている人が少なく、逆に私立小学校、私立中学校、私立高校に通わせている場合が多い(親の教育期待)
→仮説通り。私立中学校出身多すぎてワロタ。




それで、思ったことをつらつらと。




ICUの経営戦略として、割と高所得層かつ高文化資本の私立高校から、指定校推薦とかAOで囲い込んでるのかもしれない。安定して高い学費を払える人をノーリスクで集められるだろうし、合理的だなと。その辺私立高校の経営とか、進学塾の経営とかと似ているな。成績優秀な高所得層を囲い込んでるとことか。




それにしても私立中学出身の人多い。中高大とどれだけ学費をかけているのだろう。
まさにペアレントクラシーという感じである。




あと、ICUみたいな私立大学ならいいけど、今後大学改革でより、国公立大学でさえも人間力のようなハイパーメリトクラティックな能力が選抜の評価基準となるとき、より露骨に高所得層の人間以外がフィルタリングされていく社会になり、平等社会に見えて超絶金がものを言う社会になっていき、さらに格差が拡大するんだろうなーなんて思った。機会の平等の観点で、難しそうである。




格差是正のためには目の前の格差を隠蔽するのではなく、明るみに出して、社会移動に対してある程度大学評価に報酬を与えたらいーんじゃないかななんて思った。




調査結果後のフィードバック

* 父親学歴・母親学歴を別々に聞いていないため、階層移動しているかどうかは判断しかねない。女性の大学進出はさかんになっている時期であり、父親学歴のみで把握はできないかもしれない。⇒その通りでした。サンプルの段階で問題があったので、今後改善していこうと思います。

ICUに興味のある人はこちら




スポンサーリンク

Read more↓

書評














教育











キャリア

プログラミング・ライフハック

About me


・ 最近The Academic Timesというアカデミック専用メディアを立ち上げました。